ロープアクセス 高所の清掃

元々、建物クリーニングの業務は低価格競争が激しくうちでは請負うつもりは
無かったのですが、ロープアクセス高所作業をしていると、高所部の清掃の
ご相談がときおり来ます。
半ば諦めかけておられた様にも思えるお話も多くあります。

そして大きな会社ともなると、危険の伴う作業はどうしても慎重にならざるを得
ないようでして、リスクを多方面から検討され、様々な手段を検証されます。

最終的にはうちでやらせていただくことになりましたが、今回の実行までのやり
取りを思い返せば、先方にマイナスの先入観もあったのだと思います。 
話が上手く噛み合わなく実行までに時間も掛かったこともあり、逆にそのマイナ
スのイメージをさらに広げる結果になるのでは無かろうかと、着手するまで不安
な気持ちにもなっていました。

その様な経緯もあって、今回は東京からも応援を呼び万全の体制で臨んだ事も
良い方向に進み、カルチャーショックを受けたとも言っておられましたが、先方の
不安をもすべてクリアーにする事が出来たようです。


さて、広島市内にある某超高層テナントビルの内部吹抜けで清掃作業です。
b0001143_22272174.jpg

足掛かりとなる梁型があるので、完全にロープに体重を預ける方法とは少し違い
3本のランヤードを使い常時2箇所以上の確保を儲ける手段で作業を進めます。 
       ハイライン(水平に張ったロープ)に吊るしている袋は掃除機が入っています。

長年掃除が出来なかったため、床面や手すりはホコリで真っ黒になっていましたので
そこは掃除機で吸い取った後、雑巾掛け。
ホコリで黒ずんでいる壁面は、乾式の化学雑巾で…

滑車に吊るしてある掃除機は上下左右、自由な位置に移動できます。
b0001143_23282511.jpg


上から見たらこんな感じです。
b0001143_23325344.jpg


最後に、万一宙吊りになった時のレスキューのデモンストレーションです。
b0001143_23342948.jpg

このレスキューの手段は何通りかあり、普段からトレーニングしておく事が我々の
義務でもありますし、2名以上のチームでの作業が絶対条件です。


始めはどうなるかと心配もしました。
ご理解いただけずに他所に仕事が行くのならそれも仕方ない事とも考えましたが
早速次のミッションもいただき、大成功で終了と報告です。
by takumino-prince | 2009-11-29 23:52 | ロープアクセスワーク | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ohmori.exblog.jp/tb/12413123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。