ロープアクセスのプレゼン

ある大手ゼネコンにてロープアクセス高所作業のプレゼンをしてきました。
もちろんIRATAスタイルでの作業手段としてです。

実際には来週ロープアクセスにて工事を行なう予定になっていますので
その施行検討会を兼ねてです。
b0001143_19183043.jpg

                    撮影は土牛産業のカメ棒700使用 これ結構使えます!

結論から申しますと、特に問題点も無く予定通り工事は行なう事になりました。

ただ、一般的に認知されていない技術だけに
『何でこれでないといけないのか?』 とのご質問…

ごもっともです!
高所での作業手段としては、仮設足場・高所作業車・ゴンドラが主な物であり
本来は安全・品質・コスト・工程・現場状況の各面から検討を行い
どの手段を使うかの判断となり、認知度が低いロープアクセスはそれらが使えない
最終手段と位置づけされます。

まァ、それはそれである意味正解だとは思います。
コストだけを売りにしてロープアクセスを売り込むのもなんだと思いますからネ。
どこで線引きをするのか? 今後の課題です。

建築・安全の各部長立場としてのご意見もありましたが
実際には相当のご興味を示されたと実感しています。
今後に期待!
by takumino-prince | 2010-04-21 20:05 | ロープアクセスワーク | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ohmori.exblog.jp/tb/13186955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。