デイジーチェーン

『デイジーチェーンを使って良いですか?』 との質問に
答えは 『デイジーチェーンは使ってはダメです!』

『ダメなもんはダメなんよのぉ!』 なんて説明もありですが
理由は安全率10の鉄則があるからです。
掛けてはいけない方向があるのも使用不可の理由です。

便利なんですけどね、私はPAS(パーソナルアンカーシステム)を使います。
どの部分でも18KNあります。

主たる個人保護用具(Personal Protection Equipment)
として使用するのでなくてもこの安全率10を満たさない器具は使用できません。
とは言ってもロープアクセスのシステムが国内の法律で決まっているわけでは無いのですが
ロープアクセスでは安全率10がグローバルスタンダードのようです。

私の知っているデイジーチェーンはポケットの破断強度は3KNです。
体重30Kg以下の方なら使用可ですが・・・


ロープアクセスワークの安全性を説明するのに
器具は安全率10を満たし、バックアップのシステムがあることの
この2つのポイントだけで、大方の方はほぼOKになります。

まァ、ローカルルールと言ってしまえばそうなんですけど
解りやすくしておけば、説得力もありますね。
by takumino-prince | 2010-07-28 23:17 | ロープアクセスワーク | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ohmori.exblog.jp/tb/13668675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shin at 2010-08-23 22:25 x
よくご存じで(笑)  IRATAでは、ロープ等の繊維製品の安全使用力を、破断強度の10分の1と定めています。アンカーやコネクタ等の属製品は、破断強度の5分の1が安全使用力になります。
Commented by takumino-prince at 2010-08-23 23:59
>shinさん
 単に表面的にルールだを覚えるけではなく
 物理的科学的に理解しておく事が重要ですね。