屋外大時計のメンテナンス

広島ビッグアーチ
     日本プロサッカーリーグ サンフレッチェ広島F. Cのホームスタジアムです。

b0001143_2385867.jpg


今日も補助競技場の方では、サンフレッチェ広島の公開練習をしていました。




さて、本日はイモト風に登場です。
  『それでは皆さん、私はどこに居るでしょーか?』






『こッこで~す!』
b0001143_23123936.jpg


極太まゆげのメイクをして来ましたが、ここからじゃ見えませんねェ~
                                 冗談ですヨ! (笑)


b0001143_0403039.jpg



電光掲示板時計のクリーニングと塗装をしました。
時々、この様な屋外の高い所に設置してある大時計メンテナンスの依頼が来ます。

この広島広域公園の平日はとてものどかで時間もゆっくりと流れている様な気がします。
緑に囲まれたこんな所での仕事なら毎日でも良いかな~




ところで、この電光掲示板は屋根の上に支点となる物が無かったため
今回のロープはこの電光掲示板の裏に降ろして手すりに支点を取りました。
もちろん屋根上での左右へのズレ止めの細工はしてあります。

ただ、手すりと言うものは上からや横からの荷重には強く出来ていますが
引き抜きの荷重は想定されていません。

たぶん大丈夫だとは思いますがね。  (俺が作ったんじゃーねェーし!)
最悪のケースだと、穴に手すりの足元を差して
モルタルで表面だけ埋めてあるなんて事も考えられます。

この施設の作られた時代や環境的に考えて、一般的な溶接で止めてあるとは思いますが
今回は念のためポリタンクに水を入れたカウンターウエイトを設置しました。

b0001143_23413152.jpg



我々はこのカウンターウエイトだけで支点にすることはほとんどありませんが
木造住宅の屋根などの比較的軽微な工事で墜落防止の支点が取れない時に使えます。
体重と同じ程度の重さのウエイトで良いので、それを作業場所の反対側地面に置きロープを張り
ロープおよびランヤードのたるみが無い状態で使えば、足を滑らせても墜落には至りません。
    (注:この内容の物理的イメージが思い描けない方は専門職に依頼してください。)
by takumino-prince | 2011-07-23 00:30 | ロープアクセスワーク | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ohmori.exblog.jp/tb/15987636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。