なぜロープアクセスなのか?

ほんまはロープアクセスで“これ見よがし”にやろうかとも思ったんですヨ!
写真もズームアップすりゃこんなに低い所には見えないですからネ。 (笑)
b0001143_2321232.jpg

ここをロープアクセスでやれば、ほんまこれ見よがしの写真撮れると思います。
が、今回は主に施工の品質面で高所作業車を採用しました。

もともとロープアクセスやってるから、そこからの発展で受注した仕事でして
ジャジャ~ン、12M高所作業車で登場でございます!
離島などの特殊な地域でなければ、このクラスの高所作業車リース代は安いのですが
20Mクラスになるといきなりリース代は高価になります。
最近は50Mクラスがありますが、いったいリース代はどれくらいするんでしょうねェ?
それよりか、必要に迫られてもそんなん乗りたくないなァ~ (笑)

30M級まで運転したことありますが、このクラスになるとすっごい揺れます!
ハッキリ言って、ロープにぶら下がっている時よりずっと怖いです・・・

ちなみに運転資格は10Mを超えると高所作業車の技能講習が必要です。
道路を走る時は12Mクラスは中型免許が必要です。


近々、あるビルの外壁タイルの補修に行きます。
地上高40Mぐらいの所でこれはオンロープでの作業です。
これらの作業手段の選択は俺がロープアクセスやってるから
じゃぁロープで…
そうでは無くて、どの作業手段にも長所短所があります。
その現場の環境や物理的なもの、そして品質・コスト・安全・工期の4大原則
それらを照らし合わせるとその現場の最良の方法があります。

どんな仕事もそうですが、なぜそうするのか明確な裏付けが仕事に対する誇りを支えます。
by takumino-prince | 2011-11-01 23:23 | ロープアクセスワーク | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ohmori.exblog.jp/tb/16610485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。