橋梁調査

先日、知人の土木技術者からの要請で橋梁調査に出掛けた時の一コマです。
b0001143_22414345.jpg


調査は近接調査が基本となりますので、この様な調査は
一般的には橋梁点検車を使用することが多いのですが
それらや足場組の難しい時に我々に出動要請が掛かります。

ロープアクセス高所作業だと機動性・コストパフォーマンス共に
二重マルなのですが、まだまだ認知度がひくいように思います。
これからですネ!

さて、この橋梁等の土木そして建築もそうですが高度成長期に作られた
建造物が更新の時期を向かえ、これからの20~30年がピークになる
と考えられます。
とくに橋梁・トンネル等のインフラの更新は財政難に苦しむ自治体に
重く伸し掛かる状況にあるとも言われています。
深刻な社会問題に発展しないことを祈ります。
by takumino-prince | 2011-12-17 23:20 | ロープアクセスワーク | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ohmori.exblog.jp/tb/17359903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。