好きな仕事

橋梁主塔の補修工事の時の写真です。

身体的には結構ハードな作業だったのですが
発注者様、元受様のお心遣いもいあり、とても思い出に残る仕事でした。

b0001143_23202890.jpg


工事に直接かかわる者、職人・作業員・監督員も含めて
我々は良い仕事、喜ばれる仕事を収めたいという思いが根本にあります。
キツイ仕事でも最後に「ありがとう!」の一言で充実した気持ちで現場を終わる事が出来ます。
その時、「俺はこの仕事が好きなんだ!」 と改めて感じます。


ところが、ここ最近の建設現場はと言えば
相変わらずのギスギスした感じが多く見受けられます。
そこには元請・専門工事業者・職人作業員の間に相手を敬う気持ちが欠けているのだと思います。

今、上手く行か無い現場がとてもたくさんあります。
表向きは人手不足が理由ですが本当はそうじゃ無い気がします。
長引く景気低迷で相手を尊重するところに蓋をして来た一面もあります。

景気は回復しているかの様にも思えますがマダマダ本当は負け組建設業界!

自分のやってる仕事が好きになれる人が増えなきゃ発展するわけ無い!
by takumino-prince | 2014-02-11 00:15 | ロープアクセスワーク | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ohmori.exblog.jp/tb/22035757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。