当たり前の事を当たり前に

どうなってんの建築業界? って思う様な失敗が続いています。

スリーブの位置がずれていましたとか
鉄筋が足りていませんでしたとか
手順忘れて梁が割れましたとか
そんなに難しい事でも無いだろうにと思います。
それも一流の建設会社でです。
実は身近な所でも単純な事で失敗は多く発生してしているのですが・・・

当事者では無いのでこれらがそうだとは言いませんが
当たり前の事を当たり前に進められていない現実があるように感じます。

作業員レベルでは用が済んでトイレを出ても扉を閉められない人が9割以上いますが
現場管理者レベルも最近は同じ様なモンじゃないかと感じるさせられる事も多くあります。
この感覚は物作りとは全く違う次元の話では無いはずです。

コストや時間、人や物といった様々な要因はありますが
当たり前の事を当然に行う感覚というかセンス
それを教えてくれる師もほんと少なくなったと思います。
by takumino-prince | 2014-04-04 21:56 | 日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ohmori.exblog.jp/tb/22388015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rain310 at 2014-04-05 18:14
この間 … 新築で都内高層マンションに欠陥有り
引き渡し出来ないニュースを見ました…。
大丈夫? オリンピック建設…。
有り得ない失態で、ビックリでした
鉄筋が入ってない?… 図面を見てない事は確かです
ミスの原因を突き止めないと二の舞は
再びです… 日本の建築は丁寧に造り上げる
守り続けてほしいですネ。。。
Commented by takumino-prince at 2014-04-05 22:07
rain310 さん
ご無沙汰しております。
ブログの更新が疎かになっておりますが見ていただいていたんですねー
ありがとうございます。 m(__)m
実はこのような失敗は繰り返されているんです。
学習能力に欠けると言いますか…
質の高い人間を集める仕組みを作らないとホント建築業界は取り残されるんじゃないかと思います。