塗り壁とクラック(ひび割れ)

塗り壁って言う物は、クラックが入るもんなんです!

なんて書くと、賛否色々と出てくるとは思いますが・・・
      
でも、いかにクラックが入らないようにするか様々な工夫があります。
 コンクリートもそうですが、外壁のラスモルタル壁
  これらはクラックが目立たないようにするために
   クラックの誘発目地を設けます。
    目地の中にクラックが入るので目立たないのです・・・

             最近では目地のない仕上方が要求されることもあるので
              ノンクラックなんてもっともらしい名称の工法があり
               グラスファイバーを張り込む手法もあります。

             昔は些少のひび割れやちり隙(柱の際など)はそんな物と
              認識されていました。でも、そうならない様な手段はあったわけで
               ちりじゃくり・ひげこ打ち等と呼ばれる技法がそうです。


内装の塗り壁では、多くの場合が
 材料にある程度の弾性を与えてあります。

             クラックが入る理由に、材料の硬化中に収縮する為に入るものと
              下地(建物)がある程度動く為に入るものの大きく別けて2つあります。

内装用に塗る材料のほとんどが収縮しにくい材料なので
 内装塗壁でのクラックは、下地による理由がほとんどですから
  内装仕上げには弾性を持たせた塗壁材が多く流通しています。

でも、この弾性を与える為には化学合成樹脂を使う為
 珪藻土などの場合、本来の性能を落す事になります。

             クラックが出るとそれはクレーム対象となりますので
              ほとんどの建材メーカーがそうしています。
               とある所で検証された事があり、ほとんどの材料が
                メーカー調湿性能公称値に達していない
                 との結果が出たことがあります。(残念ながら・・・ )

逆に弾性を与えていない本質的な性能を重視した材料を塗る時は
 下地に相当気を使うか、クラックは出て当たり前といった考え方をすることになります。

              下地に使うプラスターボードは厚みのある物を使うのは当然ですが
               さらに2枚重ねで貼ったり、石膏系中塗りをしたりしますが
                コストは掛かります。

弾性のある材料でも、下地にコストをかけたとしても
 これで完璧と言うのはなかなかむずかしいものです。
  とは言え、クラックの発生しないにこしたことは無く
   我々、建築技術者の永遠の課題でもあります。

b0001143_232752.jpg

        この写真のクラックは少し大きいのです。
         問題ではないのですが、構造的な歪が出る部位でしたので・・・
          たいてい、クラックが出るとしてもヘアークラックと言われる細~いものです。


塗り壁のクラックに対しては、施工経験の多い技術者ほどある程度寛大なのは面白い実状です。
 ただし、お施主さんはそうではないですからね・・・

                
by takumino-prince | 2006-03-18 02:45 | リフォーム | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ohmori.exblog.jp/tb/4273566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by normanおじさん at 2006-03-18 13:57 x
「ご存知ですか?」塗り壁=湿式工法において、『苆(スサ)の役目』
の事を。  普通、思われているのは(私は思っていた)・・
「つなぎ補強」「ひび割れ防止材」と思っていた。  違うのですね。
『ヒビを促進・分散させる為』だったのです。 これらの智恵は
マイスターと知り合って認識しました。
ちなみに、私は「壁はヒビのでるものですよ」とハッキリ伝えています。
その上でARGアルカリ対策済ネットを使用してリスクを抑えます。
Commented by takumino-prince at 2006-03-18 16:58
>normanさん
 あっそれ、年配の左官から聞いたことあります・・・
 僕はひびの促進分散の話は荒壁のことと理解してたのですけど
 ちょっと勉強不足かな?  
 でも、もちろんつなぎとしての役割も大きいですよ!
Commented by okapee at 2006-03-18 23:32 x
珪藻土の調湿性能の検証結果については聞いたことがあります。
土塗壁の家でも仕上げに接着剤入りの砂壁を使うと調湿効果が大幅に下がりそうですね。
normanおじさんのお話と合わせて、大変勉強になりました!
Commented by takumino-prince at 2006-03-19 23:27
>okapeeさん
 だから本物偽物と僕は言いたいところなのですが
 どちらの材料も長短ありますから
 それをちゃんと説明してあげる事が必要なんですよね。
 今日は店舗の壁を塗ってきましたが樹脂たっぷりの
 コテコテの塗り壁材でした・・・
 住宅には決してお勧め出来ませんが、鉄道ガード下の環境下ですと
 店舗と言う事でこの材料をチョイスするのもありかなとは思いました。