2017年 05月 04日 ( 1 )

とくに勤勉な人間だとは思っちゃいませんが
今月中旬のインフラ調査士試験に向けて、今年のゴールデンウィーク中は勉強会です。

ロープアクセスの仕事をしているので橋梁等の点検業務の仕事が来ます。
その時、仲間内の資格所持者を呼んだにしても
何の資格も無ければ自分自身どうも恰好つかないですしねぇ。

ロープアクセスマンって調査にしろ工事の業務にしろ
大方それぞれその業界からは、やはり“なんちゃって”の印象があります。
それは先入観だけでは無いのも事実ですけど
専門の技術技能を持ってちゃんとやってる人も居るのは居ます。
ロープアクセスはあくまで作業手段。

もちろん資格を取れば免許皆伝と言うわけではありません。
資格は最低限の知識を有していますの証ですから
その知識と言うツールを使いこなす能力を磨いて
なんちゃってを払拭せねばと、自分自身に言い聞かせるわけです。 (笑)

さて、インフラ系も建築系の構造物も同じで長寿命化への時代です。
大自然の驚異にさらされている状態も、構造も直し方もほぼ一緒
造り方や直し方、そして造り手で耐久性に差が出るのも同じです。
そこにあるそれぞれの基準をクリアし続けるには
ずっと勉強って付いて来るもんなんでしょう。