カテゴリ:道具( 50 )

YouTubeで「打診棒の種類と使い方」と題して基本的な使い方がアップされていました。



最近は打診棒のバリエーションが増えて、環境や目的に応じて選択出来る様になりました。

まぁ、伸縮式の打診棒が多く選ばれるのではないかと思いますが
動画中の解説にもある様に「伸縮式の打診棒は、基本的に叩かない方が良い!」

でもね、位置や枚数を特定するにはどうしても叩かない訳にはいきませんわね。
打診棒のジョイント部分が、甘くなり易いからなんですけど
タイルによっては、わずか1日で偏摩耗することも有りますし
いずれにしても、長持ちする道具ではありません!

僕は、道具ってのは長く愛着を持って使いたいンですけどね
この打診棒という道具は消耗品と言いますか
調査をする上での副資材として理解しておかないと
調子が悪くなる度にショックを受けますからねェ・・・


ちなみに、このYouTubeにタイル打診の動画が多数アップされていますが
「オヤオヤ?」って思える物もいくつか在ります。
タイル打診調査って、実は簡単そうに見えても難しい事は沢山あるんですヨ!
テストハンマーは比較的軽く叩いてその打音で診断するハンマーですから
軽く細く作られています。

ただ、今度の現場は高所でちょ~っと力を入れて叩かなきゃいけない。
頭の重たい物を選んだのですがグラスファイバー柄の物が無く
木柄のものしか無かったので抜け落ちる可能性もあるかなと…
柄が折れるほど強く叩きはしないのだけどちょ~っと不安!

それで念のためワイヤリングをしておく事にしました。
b0001143_21443124.jpg

機械屋さんのワイヤリングとは違いますが、目的は同じ脱落防止です。

道具さえあれば大した作業ではありません。
ハンマーの頭に穴を開けワイヤーを通してカシメて
落下防止コードをクリップ出来るようにしておけば完璧でしょう!
b0001143_21515063.jpg

  特にテープの色を変える必要も無かったのですが…

ハンマーの頭に通したワイヤーを柄の尻まで伸ばしビニールテープで巻いているだけです。



はたして、これで絵に描いたように施工出来るんかなー

前例の無い作業だけに、やってみなきゃ解らない!

上手く行くかな?

それもちょ~っと不安…
建材等の汚損防止に緩衝剤などを貼った輪木が必要な事があります。
            (輪木 : りんぎ 材料などを水平に置く時に下に敷く木材の事)

よくやるのは、エアーキャップや養生用のブルーマットを巻いた物を使いますが
使いまわしをするとなると、もっと耐久性のある物が必要になります。
b0001143_22564781.jpg

今度の現場で必要になるので
『何を貼ってやろうか?』 って考えてたら
『あぁー コレコレ』 目に付いたのはタイルカーペット…

タイルカーペットって緩衝材のクッションゴムやノリ付きのフエルトなどに比べると
はるかに安く加工も簡単、カッターナイフでサクッと切って
後は角材に速乾ボンドのG10かG17で貼るだけでOK!


仕事ってこうやって計画したり段取りしたりしてる時が一番楽しいのかも知れませんねー
作業中に困るのは工具の故障・・・


一応、業務用の製品なので滅多に壊れる事は無いし

そろそろヤバイなと思えば予備を用意するか

オーバーホールに出すので、数年に一度あるかないかのトラブルです。


今日はその滅多にない故障でちょっと汗!

サンダーのスイッチがOFF出来ない状態に・・・
b0001143_2034768.jpg

最近はずいぶん改善されてきたのだけどスイッチは比較的故障しやすい部品!

メーカーの営業所へ走るか? 片道1時間半くらい  結局半日つぶれる・・・

などと考えながら、とりあえず工具のカバーを開け

ダメ元でエアダスターで掃除してみると、運良く復活し作業は再開!

どうやら粉塵が原因だったみたいです。


こんな不測のトラブルの時には  『工程をどう調整するかな~?』  と考えます。

そん時は結局は 『ごめんなさい!』 するしかないんですけどね!

やっぱり、ちょっとはあせるよねェ!
防音型のエンジン高圧洗浄機です。
b0001143_22344548.jpg

業務に使える定格の大きい100V電源のものに比べると
水圧も水量も共におおよそ倍の能力があります。

100Vのものと比べて同じくらいのクオリティに洗浄するとしたら
仕事の捗り方が倍半分どころではありません。
10倍くらいの差があるんじゃないかと思います。

また、防音型なのでエンジンものにしては静かですが
高圧で水をたたき付ける音が意外と響きます。


高圧洗浄って目に見えて綺麗になっていくでしょ
だから作業としては結構楽しいんですよ!
冬場以外はネ!(笑)

              
コンクリートの切削・削孔時に使用する携帯用集塵機です。
b0001143_21443020.jpg

実は今まで使っていた物が不調なので新しく購入しました。
     (奥がこれまで使っていたもの)

一回り大きく見えますがそれ程でも無く
オンロープでの使用もけっこうバランス良く使えました。

また、これまでのはスイッチを入れた途端にモワッと粉塵が舞っていましたが
新しく購入したものは紙パックタイプなので集塵効率はかなり良いですねェ~
スイッチ入れた時の排気口から出るあのモワモワがありません!

写真はコンクリート壁面をVカット処理したベビーサンダーを付けています。
こんなんでガンガンコンクリートを削っても良く吸ってくれましたヨ!
 ホンマ建築業界はナカナカ発展せんのに、道具だけはドンドン良くなりますな~ 

ちなみにベビーサンダーは変速機能付きの物を使用します。
回転が速けりゃ仕事も早いって訳でも無く
食付きの強い切削刃を使う時は回転落としていれば、跳ね返りも楽に対処できます。 
NHKの連ドラでのシーンで、着物にハサミを入れるのですが躊躇します。
日本人は着物と米は粗末に出来んそうです。

普段使うどの道具も同じで
それが日本人の心であり、それぞれに神様が宿っているんですよ。
だから道具を大切にしない人は稼げないんですね。

どんな小さな道具でも敬い大切に扱えば自分の思いに答えてくれますし
敬う心は仕事に対する意識の強さでもあり
その意識とは戦略的環境整備の目指すところでもあるからです。


道具にも神様がいます。
だからその神様が怒る様な事したらいけないんですね。
スパナを購入しました。

スーパーツールのスーパーヘッドスパナです。
b0001143_23182136.jpg

次の仕事では見えにくい部位のナット締め付けをほぼ手探りで
行う必要ががあるので探した製品です。

片口になった方側の形状が普通のスパナに比べ少し違いますでしょ!
これがラチェット機能になっておりましてラチェットレンチと同じ
様にナットやボルトを回せるスパナです。

テストしてみましたがなかなか使い勝手も良かったです!。


世間ではワーカホリックなんて呼ぶらしいです。
僕らみたいな仕事の事ばかり考えてる人を・・・ (笑)

次の仕事を色々にイメージしシミュレーションしてみる。
もうほとんどビョーキですねェ。 そうとう重症ですヨ! (笑)

まァ、生き方と云うより我ながらこういうの好きなんでしょうね。
決して、いかがわしい事をしているのではありません。
b0001143_2023718.jpg

とある球技場の電光掲示板で雨漏りしているとの事で調査しています。

高さが10㍍超えており屋根上に上がるメンテナンス用の設備も無く
上の状況も解らずロープを投げ廻す訳にもいかないし…

と、言うことでジャジャ~ン! 新登場の秘密兵器です! (笑)
ガラス清掃などで使う伸縮ポールの10㍍物の先にビデオカメラ付けて
屋根の上の状況を撮影しています。
b0001143_20254741.jpg

カメラを付けているので、2人掛かりで投げるように起こす事も出来ず
立てて伸ばすのには伸縮部に手が届かないので脚立が必要… (汗)
バランスを崩してカメラ壊さない様に… (汗)

思ったより先端は揺れますが、カメラの手振れ防止が効いて鮮明に映りますし
ビデオなのでゆっくり動いて撮影すれば、全体の状況が確認できます。
都度、降ろして確認が必要ではありますが… (笑)


後は見積もりが通れば、昇降と改修作業はロープアクセスで行います。
コードをドラムに巻いたままだったり、芯線が細かったり
タコ足になってしまうと電圧降下するだけでなくひどい時はコードから発火します。

電動工具への依存度が高い現代の建築工事では
その電源の取り方で作業の捗り方もずいぶん違って来ます。

そして移動量の大きい作業には電工ドラムよりも延長コードを使いますが
作業半径を大きくとるためにコードの長さも30M超ともなると自作になり
キャブタイヤコードとプラグやコンセントを買って来て繋ぎ合わせて作ります。

このたび古い物を廃棄にしたので、久しぶりに新しく作ってみました。
b0001143_2230119.jpg

キャブタイヤコードはゴム被覆の物に比べ細く使いやすいので
ビニールキャブタイヤコード VCTFの2.0㎟の3芯を使います。(外形8.5㎜)
  (ホームセンターにも切売りで置いてあります。 電材屋だと100m単位になります。)
またこのVCTFには、さらに柔らかいタイプもあります。

産業用はアース付の3芯が必須になるので、プラグも定番のポッキンプラグになりますが
『ハタヤ』のとび出しプラグも試してみようと今回購入してみました。

コンセント側が一つ口なのは電動工具を複数差すとドロップするからが主な理由ですが
本音は出来るだけ1つの電動工具に1つの回路を独占したいところです。

今回35Mを2本と30Mを1本作りました。
いざ必要な時にはこれらを2本繋いで、昇圧トランスかまして使います。