カテゴリ:改修・他工事( 20 )

10数年前に浮き補修工事を施されていた外壁モルタルを、今回ある工事でハツリ落とした後の写真です。
b0001143_20474776.jpg

エポキシ樹脂を注入し、ステンレスビンでピンニングされた痕ですが、建物の修繕を行う私たちにしてみればこの様な状況を目の当たりにすると、とても良い体験になります。

付着していたモルタル層は界面破壊しているのに対して、エポキシ樹脂が注入されている部分は被着体破壊が発生しています。  (コンクリートの内部で破断されています。)

実際にエポキシ樹脂を注入する場合はその注入する内部まで見えませんから、一か所あたりの注入量が仕様で決められています。
あとは注入ポンプのレバーの感覚やらで内部を想像して作業を進めるのですが、ちゃんと引っ付いているか壊して確認するわけにもいかず。
せいぜいサンプリングでほんの一部を引張試験してみるぐらいですから、こうやって実際に大きく剥がしてみるのは貴重な体験であり資料となります。
ひび割れの調査や補修に関する業務が多いのもあるため
ある意味職業病と言いますか、普段でもひび割れが目に付きます。

公共の建築物でもひび割れだらけなのに何年もそのままといった建物もあります。
維持するのも経済的理由から大変なので
ある程度の所で見切りを付けて建物を潰すのかなーと考えたりもします。

ひび割れは壁面でも漏水の原因にもなりますし
コンクリート造の場合はコンクリートの中性化が進行しやすくなり
いずれにしても建物や構造物の劣化を早めますので
長寿命化を考えるなら、当然早めに補修する必要があります。
b0001143_2157427.jpg

コンクリートのひび割れの場合、0.2~1.0㎜は注入
それ以下は被覆、1.0㎜を超えるものは充填といった
補修の指針があり建築物・土木系構造物とも基本的には共通です。
ただ建築物の場合は主要構造部とそうでない部位で別けた考え方をする事が多いようです。

コンクリートのひび割れは宿命とも言われておりまして
どうやったら割れないかを皆一生懸命に考えてはいます。
水セメント比などの品質管理もずいぶん前から厳しく管理もされていますし
骨材の乾燥収縮などの研究も進んでいます。
ひび割れ = 粗雑な工事 というわけでもありません。

今後、官民共に建物・インフラ構造物の更新時期に突入します。
コスト重視型の社会的傾向から
危険な状態が放置されたり粗雑工事がはびこらない事を祈ります。


       ※ ひび割れの状況によっては構造等を含めた
          調査・改修設計が必要になる事もあります。
          
        
仕事がら色々なところへ入ります。
そう、一般の方はふつう入れない所へよく行きます。

今日はある大型施設の稼働しているボイラー室での作業でした。
b0001143_23384457.jpg

気温が40℃くらいあるんじゃないかと思われる
高さ5㍍ほどの天井付近での作業は汗だく・・・
『あ゛ぢ ぃ~』 被覆の剥がれた配管に触れて、火傷するかと思った...

見学だけなら普段入れないこう言った所は色々と興味津々で楽しいんだけどね~
普段は何気なくインシュロックと呼んでいますが、これは商標だったんですね。
総称では結束バンドと呼ぶようです。

一般的には電気配線の結束によく使われていますが
海外では手錠としても使われているようです。
確かにナイフやニッパーでは簡単にチョン切れますが
それらの工具が無ければちょっとやそっとでは外せませんもんねェ!
b0001143_21114787.jpg

これは現場の外部足場に高圧洗浄機のホースをインシュロックで結束しています。
手軽で強度もあることから、最近は現場の仮設にもよく使われています。

十年ほど前にある現場で仮設に使おうと検討したことがありましたが
当時は耐候性のある製品が入手出来ずに採用できなかった経験があります。
仮設とは言え耐候性が無いと外部での一年近い使用はリスクが大きいとの判断からでした。
b0001143_21291727.jpg


手軽さだけではなく番線等に比べシンプルで見栄えも良く撤去も簡単
様々なシチュエーションに対応できるように耐候・耐熱性等性能も良くなって来たし
価格も手ごろになったのも現場仮設に多く使われはじめた理由のようです。
耐震補強工事に関わる事は多いです。
墨出しと呼ばれる作業が主なのですが、鉄筋の探査も同時に行います。
b0001143_21592841.jpg

この場所は鉄筋コンクリート壁の増し打ちによる補強をします。
後施工のケミカルアンカーを大量に打ち込みますので
既存コンクリート内部の鉄筋を切断しないように
予め鉄筋の位置を探査する必要があるのです。

この機器で鉄筋の位置と深さが測定できます。

ちなみにこの部位に打ち込まれるアンカーは
呼び径19ミリの物が約120本!

↑この部位ではありませんがアンカー打ちの後、配筋をしてこんな感じになります。
b0001143_22211463.jpg

この後に型枠組をしコンクリートを打設して補強壁を増設します。
また耐震補強には色々な手段がありますが、これは主な工法の一つです。
マンションの大規模改修工事現場です。
b0001143_2244428.jpg

最近、このタイル打診も含めて劣化調査の依頼も増えてきました。

耐震改修工事と同様に居ながら工事のため、作業に制約はありますが
入居者の方々が受けるストレスは大きいと思います。
誠意をもって作業にあたらなければいけませんね。

さて、こうやって打診をしていると推測される浮きや割れの原因は
大方どこも同じで、単純に劣化によるものや地震などのひずみも考えられます。
よく今まで落ちなかったよなと、逆に胸を撫で下ろす危険な状態もしばしばあります。

大規模改修は定期的なメンテナンスとして必要なものですが
築後ある程度の年数が経っていれば外壁の定期点検も必要です。
当然、それはリスクマネジメントの一つです。


     潜在する建材落下の危険性・量はともに大です。
この夏、耐震補強工事の現場に墨出し業務で行った時に撮影した写真です。
b0001143_20331089.jpg

RC造(鉄筋コンクリート造)の建物に耐震壁を増設しています。
この鉄筋配筋の後、型枠組→コンクリート打設→無収縮モルタル注入・・・
と工事は進められてて行きます。


耐震補強工事はそのほとんどの場合が居ながら工事(生活や業務はしながら)なので
普段その建物で生活や業務をされている方はもちろんですが
工事をする側にも制約が多く、難易度の高い工事に入りますし
工事中の騒音などが理由で学校関係は夏休み時期に工事を進めます。


公共の施設ではその耐震補強工事が計画的に発注されていますが
このご時世を反映してか、何処も予算的にはずいぶんと厳しいようです。
中にはダンピング業者も居て過当競争も進んだと聞きますが
そんな業者に限って、とっとと撤退・消滅しているのはどの業界も同じです。


そんな過酷とも言える現状がある中、さらに工事中にその工事の対象となる
既存建物新築中の手抜き工事が各地で発覚し、工事中断などの問題に発展しています。

そして当時の設計事務所・建設会社が実名で専門雑誌の記事にされていますが
何十年も昔の工事に対してどのような制裁を下す事が出来るのでしょうか?
今現在その工事に関わっている所は、想定外の損害発生ですよね。


ほんと泣きっ面に蜂続きのこの業界ですが、何か明るい話題はありませんかね。 
『捕まるんじゃないですか?』
『あぁ、俺もそう思う!』
b0001143_2155649.jpg

現場から機材引上げのため立馬(可搬式作業台)とハシゴ・二連ハシゴを積んでいます。

重量的にはこう見えて250~260kgなので問題ありませんが
積荷の長さが車体長さの1.1倍を超えるので厳密には違反です。

でも、帰りにパトカーが追越して行ったけど止められませんでしたよ… (汗)



さて、ハシゴは違反じゃねぇか?とか法律で認められていないなんて聞くことがあります。
結論から言えば、ハシゴは法律上は特に問題の無い作業手段です。
基本的には昇降設備です。

ただ、法的には滑り止めの装置が要りますよとか転倒防止の措置をしましょう
ぐらいの事しかあまり詳しくは定められていないようです。
それでハシゴによる事故が多いので大手ゼネコンが軒並み原則使用禁止にしたもんだから
違反だとか法的に禁止されたんじゃないかとの話になったようです。

このゼネコンの原則使用禁止ってのは、それを何が何でも使わせないって意味ではなく
乱用を避け、使わなきゃいけない時は一度リスクアセスメントをしてからにしましょうネ!
ってことで、各社内規定により使用のルールを明確にされています。

それはローカルルールですが各社だいたい同じような内容でして (移動式ハシゴに限る)
たとえば、設置の角度は75度ですよとか上部の突出しは60センチ以上にしましょうとか
上下固定が必要ですよ! まァだいたいそんな理に適った内容です。
ハシゴの取扱説明書にも同じような内容が書かれていますのでよく読みましょう。
ハシゴもそうですが、何か作業をしていてヤベェとか怖いとか感じたら何か
そう感じる問題がありますので、それを取り除けば良い!
それでも怖いと感じたらそれはあなたの能力を超えていますので作業は中止してください。


最近は脚立も原則使用禁止って所が多いくてですね、立馬を使う現場が増えましたが
今度は立馬の事故が増えてるなんて言ってますがどうするんでしょうねェ?


ほんとはね、どんなに優れた道具でもそれを使う人しだいなんですがね。



労働安全衛生規則

(昇降するための設備の設置等)
第五百二十六条 
事業者は、高さ又は深さが一・五メートルをこえる箇所で作業を行なうときは、当該作業に従事する労働者が安全に昇降するための設備等を設けなければならない。ただし、安全に昇降するための設備等を設けることが作業の性質上著しく困難なときは、この限りでない。
2 前項の作業に従事する労働者は、同項本文の規定により安全に昇降するための設備等が設けられたときは、当該設備等を使用しなければならない。


(移動はしご)
第五百二十七条 
事業者は、移動はしごについては、次に定めるところに適合したものでなければ使用してはならない。
一 丈夫な構造とすること。
二 材料は、著しい損傷、腐食等がないものとすること。
三 幅は、三十センチメートル以上とすること。
四 すべり止め装置の取付けその他転位を防止するために必要な措置を講ずること。




梯子の使用基準、この記事のアクセス数がとても多いので追記します。

まず、作業そのものに危険がある場合はその作業はしてはいけません!
どんな優れた道具でもそれを安全に運用する能力が必要です。

移動梯子はそれを使用する前に上部を固定する必要がありますが
下からでも上部を簡単に固定する方法はあります!

梯子道の場合、上部に安全ブロックを設置する必要がありますが
下からのアクセスしか方法がない場合でも
墜落のリスク無く安全ブロックを設置する方法はいくつか簡単に考えられます。

安全は意識では無くリスクアセスメントの能力です。

リスクアセスメントは作業前に行うKYの様な意識付けとは異なり
作業の計画段階で取り入れられるべきものです。

当然ですがリスクアセスメントによる対策は人・物などの費用が発生する事になりますので
現場作業員レベルだけで行うものでもありません。
利用の少ない日曜日にと、今日は立体駐車場のシャッター塗装です。
b0001143_22565371.jpg

休日に仕事してると、『何ちゃらの節句働き』
なんてことわざが頭の中を過ったりするのですが・・・

いやいや、俺って働きモンだヨ! 自分で言うのもなんだけど…



塗装についての質問があったので追記します。

このシャッターのように稼動する扉等の部位は
僕は基本的に、2液タイプの塗料を使います。
理由は硬化が早く塗膜硬度があり、耐久性が高いからです。

カラーはごく少量なら顔料を混ぜて色を作りますが
このシャッターぐらいの大きさになると塗料店に調色を依頼します。
日本塗料工業会の色見本帳の番号で頼めば翌日には配達してくれます。

ヘコミなどがあればポリパテを入れます。
急ぐ時はエポキシのパテ、10~20分でサンディングできます。

いずれにせよ塗り替えの基本は下地処理です。
いくら高価な塗料を使おうが下地処理がきちんと出来ていないと
耐久性は劣ります。
マグネットをいくつも設置したら鳩が来なくなったそうです。
いくらかの効果はあると、聞いてはいましたが
そんなに、効果てき面だとはこれまでは思いもしませんでした。

この磁石が10階建てビルの屋外鉄骨階段に荷造りヒモでぶら下げてあったので
ヒモが劣化し万一落下すると危険ですから、ステンレスワイヤーに交換する事を提案し
その取替え工事をしてきました。
b0001143_2339349.jpg


さて、広島は平和のシンボルだった鳩による被害が大きくなり
エサを与えないようにし一時期に比べ鳩がそうとう減ったとの事ですが
今でも時折鳩害の話を聞きます。

さて、鳩害には磁石で効果があると考えて良い様です。
磁石はあまり目立たなくて美観を損ないにくいので、鳩害対策には良い手段です。
あまり効果ないとの報告もありますが、設置方法を工夫すれば良い効果がある様ですし
今回の場合は大きめの磁石を数多く設置されていたのが良かったようです。



追記  安全帯のコネクター(フック)先のプルージックやクレムハイストノット等
     のフリクションノットは、産業用ロープアクセス高所作業での使用は
     認められていません。
     特にロープに対してのフリクションノットは、万一その部分が滑った
     時に摩擦熱での溶融や破断の可能性があります。
     今回の使用は、最悪の場合でも尻モチをつく程度とのリスクアセスメント
     の上で使用しています。  念のため。