<   2008年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今日は、餅つきしてるところもあったな~
作業は明日で終るけど、倉庫の片付けは大晦日になりそうです…
年賀状もまだ残ってるし…

年内、あともう3日、今週いっぱい欲しいんだけどな~
仕事のメニューを、少し整理しないといけない時期になってきたようです。

置いておく物、切り捨てる物とかの意味ではなくて
もっと解りやすくしないといけないなと、ここ最近考えるようになりました。

主な仕事を前面に出してるのですが
幅広くやっていると、徐々に自分の中でも矛盾が生じ始めています。
何屋さんですかと聞かれて、単に工務店やってますではどうも味気なくもあります。
メンテナンス(建物の)の仕事も増えて来て
そこら辺も上手くまとめなくてはいけないようです。


さて、今日はそのメンテナンスの仕事で住宅の洗浄をして来ました。
b0001143_23311969.jpg

このお宅は300㎡超おおよそ100坪の床面積がありまして
ごく普通の平均的一般住宅の約3倍、大きな屋敷でした…

築十数年ともなると、洗いがいもあります。
屋根から樋から外壁周り一日中見ていますと、家の状態も色々と解ります。
今後のアドバイスもさせていただきまして
最後には、綺麗になったと喜んでいただきました。

このような外壁のクリーニングは、賃貸物件などではよくされていますが
普通の住宅ではあまりされていません。
普段見かけない事だからかもしれませんね。

汚れれば洗う、これは当たり前のことですし
リフォームの基本は掃除です。


とまァこんな事や諸々と、今日は仕事しながら考えておりました。
今日はあるテナントビルに補修の仕事で行ってきました。

ここのエントランスなどには、絵画や花が置いてありますし
エレベーターの中にはちょっとした、クリスマスの飾があったりしています。

メンテナンスもこまめにされている様で、築年数のわりに綺麗です。
掃除などは、出来る範囲内でご自分でされるようです。
さすがに入居率も良く、全室埋まっています。

ちょっとした心使いと、ちょっとした演出は
何が出来るかと、考えられての結果だと思います。


今日はちょっとした がありました。
先日、鳩害で清掃した箇所に鳩よけのネットを張って来ました。

軒下の下屋部分、こんな感じになりました。
b0001143_1928555.jpg

どのようにネットを止めるかが課題でしたが
市販の汎用金物を工夫し、コストも押えることができました。

狭い所なので、作業はとても窮屈です。
b0001143_1931141.jpg

            本来であればヘルメットが必要ですが、今日はパス・・・デス!

今日は気温が低かったのですが、作業中は体が温もりますので
寒さは感じませんでした。
ただ、休憩中は体が冷えますので寒かったですね~
当然、休憩はそこそこになります…

ちなみに、建物の下から見上げるとこんな所での作業です。
b0001143_19474897.jpg


            
仕事が重なる時は重なる物で、年末となるとなおさら・・・

一度、フィックスしたスケジュールは出来れば動かしたくないのですが
土壇場で予定変更の連絡があれば、他の何とか調整の出来そうなところへ
『ごめんなさい・申し訳ありませんが…』 と調整をお願いしたり
手配できれば応援を頼むことになります。
調整はしんどいので、スケジュール通りに各現場が進むことを期待しますが…


さて、今日は日曜日ですが四国松山へ日帰り出張でした。
仕事は速く終る予定だったのだけど、行ってみれば色々と事情もあります…
結局、いっぱいいっぱい掛かってしまって…
『事件は現場で起きてるんだ!』 
まァその通り、現場は生き物ですからネ!


ところで、ガソリンの価格がずいぶんと下がってきました。
ついこの前は、四国は高いな~ と思っていたら
今は、広島より四国の方が安くなっています。  なんなんでしょうね~

ガソリンは5年ほど前の価格まで下がって来ましたが
灯油や軽油はそのころに比べて、おおよそ20円ぐらいまだ高いです。
石油会社では、ビックリするぐらいの高給取りばかりいて
さらに20%引きで給油できると聞く一方で、販売店はあちこちで閉店してるし…
いったい、どうなっているんでしょう?
エネルギー情勢をまず、安定させていただきたい物です。


      さて、今年も残り10日ほどです。
         来年に繰越す課題もてんこ盛りではありますが
            年の瀬に事故だけは起こさないように気をつけないといけませんネ!
自宅の下水接続工事に合わせて、トイレをリフォームしました。
b0001143_19534240.jpg

一昔前の、階段下にある畳一畳ほどのトイレです。

便器は最新のタンクレスにしようかとも考えたのですが
男所帯でもあり、大型サイズの便器に…

壁はもちろん珪藻土
壁天井あわせても数平米しかありませんので、これは今までの余り物で…
自宅なので実験を兼ねて新しいテクスチャーにしてみました。
     (写真ではちょっと解りませんが…)

床は古木調の塩ビタイル、これも取り置いてた余り物です。

余り物ばかりじゃないかって言われそうですが、これは職人の特権!

巾木はこんな感じのもみの木
b0001143_2035871.jpg

通称、耳付きですが製材所で見つけた時に持って帰っていた秘蔵品。 (?)
既製品には無い面白さがあるしょ~

他には
人感センサーを入れて、照明も換気扇もスイッチレスにし
先々、手すりを取付る事も考えて下地も入れて…

仕事の合間合間で作ったので、時間も掛かりましたが
とりあえずトイレリフォーム完了です!

             さて、次のリフォームは風呂場です。
一人親方から、5人ぐらいのグループまでの職人仲間がいます。

経済の急激な落ち込みで、ここ最近は話をすると絶望に近い観測ばかり…

出来ることは何でもしないとやって行けないと、結論を先に言うとそうなるのですが
ところで、何が出来る? と聞くと逆に答えはあいまいです…

中にはマルチタレントと言いますか、守備範囲の広いやつも居りまして
僕もそうですが好きでそうなったし、必要性があったのも理由の一つだし
親が職人でそうだったからみたいなと、共通する要因があります。


僕の場合は、親父が左官屋を営んでいましたから
高校を卒業してそのまま親父の下で左官を習いましたが
すでにその頃から工法の変化で左官の仕事は減っており
将来的には左官は多能工化する必要があると、業界では言われていました。

元々は大工も左官から分業されたと言われるぐらいでして
高度成長期以前は瓦も板金仕事も吹付けも左官がやってた仕事で
昔の左官って器用なんでしょうねェ~

実家を自分で建てた、そんな親父を見て育ちましたから
こんな世の中になって来ると、仕事の守備範囲が広くて良かったと思います。
ただ、機材をはじめとしたこれまで掛けた投資はかなりのものです。


経済の成長期には分業も進んだが、今はその流れを逆に辿って当たり前だとも思う。
ただ、それには道具もまた買わなきゃいけないし
仕事を覚えるのも投資の感覚が必要だよ!
って言ってたら、さらに暗くなる…


               あら~ やっぱ、気分が負けてちゃプラスには転じんわネ…
日本瓦の屋根の上です。

ただ、ここは6階建てビルの一番上なのです。
b0001143_19465187.jpg


ロッククライミングの技術を応用した、ロープアクセス高所作業と呼ばれる
ロープで安全を確保しながら進める方法で作業をしています。

この屋根の軒下、下屋部分に鳩の糞が溜まり
軒樋もつまって機能しないとのことで、今回はその清掃をして来ました。

鳥害の専門業者ってビックリするぐらい高いみたいだし
建築系の業者でも、高所作業車か足場を組立ててとなるから
結構な金額となるようです。

ロープアクセスが出来れば安く出来るのですが
まァ、誰もあまりやりたがらないですわネ・・・ 

二重、三重のバックアップを取るから、安全性は高いのですが
一般の方から見ると曲芸かアクロバットの一種に分類されるようです。 (笑)



この軒下には、近々鳩よけのネットを設置する予定です。
この時期になると、

    『あれ? こんな所に、ラブホなんかあったっけ・・・』 

と、一瞬考えてしまうような電飾を、あちこちで通りすがりに見かけます。

b0001143_22104976.jpg


ラブホなんて失礼な表現ですが、それにしても派手です・・・

いやいや、力作です。 (笑)


でも、この不景気な世の中に

通り掛りの人に楽しんでもらおうとする、気持ちは素晴らしいことですね!

心が和んだり、プラスの刺激を受けたりするアートが

もっと増えて来ると、これは景気回復の一役になるとも思えます。


                    また、何かやってみますか・・・
長い間には、大失敗もやらかします…

もちろん、人は失敗しながら成長するのだと思いますが…


僕はどちらかと言うと、失敗したり間違えたりしないように

何度か確認をする方で、少し神経質かなと自分でも感じることもあるのですが

思い込みって怖い物で、確認作業をしても同じ間違いをたどってるんです。


やっちゃいましたね~

      しばらく引きずってしまいそうです…

             当分の間、周りからも言われそうだしな~


                                      ヤレヤレ・・・