<   2012年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

日本の職人では良い値段を付けれ無い!
建築業界での話ですが、時々その様なある意味愚痴を聞きます。

まァ、職人と呼べるのは極一部ですがね…

木造戸建はそこまでではありませんが
マンション建設はブラックボックスですからねェ~
エンドユーザーからすると…

少しは見える化すれば良いのですが
表に出せるヤツがいない…

ディナーショーで料理人紹介するみたいに
ビジュアル的に満足感演出出来るヤツがいない…

熟練工と呼ばれる職人を必要としない方向を目指して来た建築業界!
まァ、仕方無いと言えば仕方無い!
現在進行中の工事を少しだけ公開します。

板金加工物取付
b0001143_2326799.jpg


落下防護シート張り
b0001143_23265476.jpg


おおよそ20mほどの高さでの作業です。
『国家斉唱に不起立』との記事
職務命令ですから処罰は当然ですね。
組織は決めた規則は絶対守らせる!鉄則ですからね!
豊臣秀吉、信賞必罰の築城の地なのも皮肉です。

ただその信賞必罰は大きな組織には必要でもそれが全てではなく
志気ある人の集まりはとても強いものです。

現在進行中のミッション
想像以上にハードで難しい工事ですが
皆の志気の高さに支えられ折り返し点を前にゴールが見えはじめました。

もし意識の低い人や日当稼ぎ目的の人が集まっていたら
どうなっていたでしょう?
今頃は相当しんどい思いをしてると思います。
皆に感謝です。
最近は遠征仕事にはあまりバソコンを持って行かないので
夜は自宅に居るよりあんがいフリーです。
今回は書店が宿舎のすぐ近くにあるのでわりと読書もはかどります。
まァ、アダルト系も誘惑はありますがね… レジが女性だし… (笑)

今回の宿舎はマンスリーなので洗濯はイージーです。
浴乾付いてるんで朝には乾いてる!

一番の問題点は食事かな~
昼は給食弁当で良いのですが、晩飯に食べたいもんがなく…
地方に行けばあるのですが
ちゃんとした料理人が作ってますみたいな店が…
比較的リーズナブルな定食出してくれるような店がね…
それを今回は見つけられなくて…
夜はすき屋で朝は吉野家の朝定で…

ちょっと元気出ません…
意識と言うかテンションと言うか
人は普段居る業界や務め先の雰囲気で感覚が全く違います。

建築業界の中でも戸建て系とビル系・建築と土木でもでも違います。
『お前らぬるいなァ~』と言えば
『そんなんで、よく人が付いてきますねェ~』と来る
そんな感じです。

立場持ち場でも感覚は違って来ます。
経営者と勤め人とか…

目指すものの有る無しでも違って来ますね。

それにしても女性はなんであんなに都合がいいように記憶が塗り変わるんでしょう…

まぁ、なんとなく相手の感覚を察しながらバランスを保とうとしてるんでしょうねェ。
みんな…
職人不足が叫ばれています。
建築系の専門誌でも大見出しの記事に取り上げられています。

日本人は技能に対して敬意を持たなくなりました。
それは出来て当たり前だと感動もありません。

職人を潰すのは簡単です。
仕事は出来て当たり前だと言葉と数字で管理すれば良い。
そうすれば職人は日当稼ぎの感覚しか持たなくなり
いつか稼げなくなると離職していきます。

一緒に仕事をしていても、率先して行動する人はとても少ないように思います。
アイデアを募ってもなかなか出て来ません
言動の一つ一つが軽く扱われた経験で消極的になるのではないでしょうか?

感動があったり、喜んでくれる人がいたり
感謝されたり…

今の職人の世界はほんと、そんな人が周りに少ないですね…
ロープアクセスでの高所作業
ゼネコンさんで少しずつですが採用してもらえるようになりました。

とてもデンジャラスな作業手段に見えるのですが
技術的な事や概念をお話しさせていただき実際に見てもらい
そうした中で不安感をちょっとずつ取り除けているようです。
もっと実績を積上げ、建設業界そしてロープアクセス業界の両方の
進化・発展に貢献できると良いと考えています。

実は、色々な建設会社さんからお問い合わせがあるのですが
単純にコストだけに関心をお持ちのところは
実際に仕事として繋がった事がありません。

『安いですよ!』 決してそれが売りでは無いのです。
もちろんコストはとても大切な原則の一つですが
手段として我々が必要とされる時に
要求される品質や安全に答えられる体制を整える事が必要だと考えてます。
ちびっこのロープジャンプの大会をテレビで見ました。
喜びの涙、悔しさの涙が自分自身の事のように伝わって来ます。

勝敗の結果はともあれ
目指し打込んだその経験が人としてとても大切です。

一生懸命な姿が輝いていました。
小さな課題はいくつかあるものの
大きな問題点はちょっとした工夫で解決した。
シートは軽く柔軟な素材だが大きくなると扱い難くなる。
オンロープとなるとそれはそれは実に厄介…

考えるだけじゃダメだ、トライしよう!
結果オーライだった。工程に乗れる!
23年7月某日 ある大手建設会社の方からの電話。

その内容は、築20年ほどの工場の屋根裏
折板屋根下の断熱材の被覆ビニールが劣化しパラパラと落ちている。
製品混入の可能性があるのでその断熱材下にシートを張りたい。
工場の稼働を止める事は出来ないので足場組は無理である。
3千㎡余りの面積をロープアクセス高所作業で施工は可能だろうか?


少しずつ注目されはじめたもののロープアクセス高所作業は
建築系の作業手段としては、まだほとんど認知されていないために
工事の実施に至るには少し時間が掛かりましたが先日より工事に着手しました。

        ーーーBGMに中島みゆきの『地上の星』が流れてる気がします。ーーー
作業開始から数日
前例の無い工事だけに、何が出て来るかと思いはあったものの
やはり、壁にぶち当たる・・・
難工事になりそうだ・・・

だが、きっと道はあるはずだ!
俺達はへなちょこじゃねェぞ!

                          つづく

more