<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

リフォームで持ち帰っていましたテーブルを納品して来ました。
合間合間での作業だったので少し時間が掛かりました。
b0001143_8181451.jpg

テーブルトップはタングオイルフィニッシュ(桐油)、フレームはスチールで製作しました。

オイルで仕上げるとウレタン塗装品などに比べ
多少耐水性に劣りますので使用に特有のルールが発生します。
でも、この独特の木の温かみはナカナカ塗装では表現出来ないですね。

脚はラインを細くしたかったので黒ガス管に
アジャスターを仕込みフレームに溶接しています。
木と鉄は見た目にも意外に合うもんですよ。




これで生計を立てているのではありませんので
まァ、道楽仕事かな。
テレビドアホンも最近は普及製品が出ていますし
配線も既存のチャイム用の2芯ケーブルで大丈夫なので
意外と簡単にまた思っているより安く設置できます。
b0001143_024153.jpg

            広角レンズなので広く映し出されますが男前が半減されます。 (笑)

モニターに来訪者が映し出されるだけでなく
録画機能もあり留守中の来訪者も自動で録画されます。

録画機能は防犯カメラと同じで犯罪の抑制効果がありますので
おすすめの住宅アイテムです!


                   
                   電源線信号線をスッキリと壁内配線にしたい場合は
                   工務店・電気工事店に依頼してください。
VE(バリューエンジニアリング)と呼ばれる手法があり
建築という仕事の面白味の一つだとも思っています。

実行されたVEがすべて百点満点かと言うとそうでは無く
ある意味挑戦的要素もありますので多少のモレやヌケが発生する事もありまして
そのリカバーもまた創意工夫ありで面白いと言うかやりがいを感じる仕事です。
現場責任者にしてみると予算外の仕事なので面白く無いとは思いますが・・・ (笑)

今回はそのVEのリカバーでメタリック塗装しています。
b0001143_2236558.jpg

急遽塗装することになったアルミL型見切り80本
塗装工場へ放り込もうとしたのですが納期が合わず、うちの秘密基地が特設塗装工場に・・・

塗料の乗りにくいアルミ材だからエポキシ系の下塗りをして仕上げのクリアーまで塗り重ねは5回
指触乾燥3~4分の塗料を使っても80本もあれば結構な作業量がありますし
スプレーガンの運びの構えってのは見た目以上の全身運動です。
     (イメージはスロースクワットや太極拳に似た体の動き・・・)

久々にやったら体中が筋肉痛でね、面白いもんでついつい無理を・・・ (笑)
木材、我ながら判っているようで判らんです!
赤く染めてあったので 『ケヤキかな~』 なんて持ち帰ったのですが
試しのサンディングしてみると樹種はすぐにクスノキと判明!
b0001143_21172228.jpg

木工系の職人はタブとも呼びます。

クスノキは独特のけっこうきつい匂いがあるんです。
防虫剤のショウノウの原料となる木でして、ほぼその匂いです。
それで、今日一日磨いていましたら匂いが鼻に付いて・・・  あぁ・・・・・ (笑)


60年ほど前に座卓として作らせたものだそうですが
このたびダイニングテーブルに使いたいとの事でリフォームする事になりました。
足はスチールで作ります。
比較的大規模施設の雨漏りの仕事はよく入るのですが
その現場には後に、雨漏りが止まったかどうかを雨降りの日に確認に行きます。

複雑な形状の屋根の場合は特にそうですが
念入りに作業をしたつもりでも、多少不安な気持ちが過ります。
もちろん大抵は止まっていますが、確認してそこでやっと工事を完結させた気になれます。
ゼネコンさん工務店さん下の場合はそちらの監督さんから連絡が来ます。

状況にもよりますが、雨漏りはその箇所を特定するのが基本的にとても難しいのです。
実は、何年も瑕疵責任対応で手が切れない物件をどこのゼネコンさんも
一つや二つは抱えておられる様でしてそんな依頼もよく来ます。
     (ちなみにそんな案件でも大抵止めていますヨ。)

     形状が複雑な屋根の場合
     設計者責任も問われなければいけない物件もたくさんあるんだけどね!
     本当は…
b0001143_23224150.jpg

雨漏りを止めるのは端から見ている以上にエネルギーを使う仕事でしてね
そりゃ、建築屋としての面子もありますからプレッシャーも掛かるんです。
『絶対止めてやる!』 そう思っていないと止まりません!
遠征ついでに少し足を伸ばしてみました。
b0001143_17331618.jpg

6月だと言うのに気温が5~6℃、風も強くとても寒かったです。

北海道へ行きますと縮尺の感覚がズレてしまいます。
それは自分の生活圏の画角の中に北海道を縮めて入れてしまうからでしようねェ。
ナビに出で来る距離が思いより遠いのに驚かされます。

資機材積んで車で行くと上陸には24時間も掛かるはるかな大地ですが
やはり憧れの地というのもありますし、食べ物も美味しいですしね!
またゆっくりと訪れたいと思います。
福岡への遠征
最終日に慰労会を兼ねて中州へ出掛けました。
b0001143_200080.jpg

一見賑わっている様に見えるのですが
週末だというのにずいぶん人足が少なく思えました。

3大歓楽街の1つ、ここも不景気の影響でしょうか?