<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

とある大規模施設建物の新築工事現場での塗装作業風景です。
ロープアクセスのエイドクライミングと称するテクニックにて作業しています。
b0001143_13292196.jpg

当然、元受は大手ゼネコンさんです。

基本的に建設現場ではぶら下がると言う行為はご法度とされていますので
単純に足場の最下段で鉄棒の様に両手で普通にぶら下がったとしても注意を受けます。
ですからロープアクセス技術を提案しても、拒絶反応を示されて当たり前なんだとは思います。
もっともゼネコンは基本的に一般作業員で工事を進めるシステムがありますし
こう言った基本的によく解らないものは使いたがりません。

この様な場所では多くは高所作業車を手段として使いますが
それが使えない時は基本的に足場を組みます。
それでも工程や品質管理的な理由で足場が組めない時は・・・
表には出ませんが意外と曖昧な事をしているのも事実なんですね。

ちなみにこの写真は素登りと言われる表には出せない作業風景です。
b0001143_1350116.jpg

鉄骨の仕口(接合部)のボルト部分をとび職が塗装しています。
ネットクランプを足掛かりに使い登っています。
ただ、安全帯のコネクターは足元ですし
ネットクランプからコネクターはは簡単に外れますよね。
誰が見たってNGなはずですが、これが現実!

それでロープアクセスは完全にシャットアウトでもありませんでね
ロープアクセス技術の中でもIRATAと呼ばれるシステムの安全性に納得され
こうやって採用していただける現場もあります。
それだけ今の建設現場も多様化が進んでいるのだと思います。

決してコスト的なものが理由で採用されている訳ではありませんが
結果的にコスト面や工程面で有利な結果が出るのも
ロープアクセス技術ならではのメリットです。

我々ロープアクセス技術者から言わせていただくと
一般的な高所での作業においてでもIRATAのテクニックの一部を取り入れるだけでも
ずいぶんと安全性は向上すると考えるのですが、まぁ多くは食わず嫌いだと思いますネ。

もちろんIRATAロープアクセス技術者はテクニックのみならず
安全の意識や認識の高さも国際的に高評価されていることから
IRATA有資格者指定の発注者も出始めているのも事実です。
どうなってんの建築業界? って思う様な失敗が続いています。

スリーブの位置がずれていましたとか
鉄筋が足りていませんでしたとか
手順忘れて梁が割れましたとか
そんなに難しい事でも無いだろうにと思います。
それも一流の建設会社でです。
実は身近な所でも単純な事で失敗は多く発生してしているのですが・・・

当事者では無いのでこれらがそうだとは言いませんが
当たり前の事を当たり前に進められていない現実があるように感じます。

作業員レベルでは用が済んでトイレを出ても扉を閉められない人が9割以上いますが
現場管理者レベルも最近は同じ様なモンじゃないかと感じるさせられる事も多くあります。
この感覚は物作りとは全く違う次元の話では無いはずです。

コストや時間、人や物といった様々な要因はありますが
当たり前の事を当然に行う感覚というかセンス
それを教えてくれる師もほんと少なくなったと思います。