<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今週は朝日系列の放送が無い山陰に出張で
残念ながらドクターXは観れてません・・・

僕もたまに使います、このセリフ。 
『私、失敗しないので。』
テレビドラマに感化されやすいというだけですが・・・ (笑)

仲間に 『私、失敗するので・・・』 と言う者がおりますが
本当は彼の方が正しいかも知れないんですねー
失敗するので対策を講ずるという意味でです。

『私、失敗しないので。』
そこを目指している人には解ると思いますが
完成度の高い仕事をするには、事前の計画が本当に大切です。
リスクアセスメントと呼ばれる予測・評価・査定・対策もその一つでして
現場でもそれが解ってはいるのですが
どちらかと言えば軽く考えられている様に受け取れる面もあります。

仕事がら、あちこちリカバリーで行きますが
行き当たりバッタリな現場って結構あるんです。
失敗しない訳が無い!


『私、失敗しないので。』
そう言い切る人が建築の現場にも増えると面白くなります。

         あぁそうそう、僕みたいにハッタリで言ってる分はダメです。
コンクリートの補修工事で外壁にモルタルを塗りました。
10㎡ほどですが最大値で約30mmもありましたので
将来的に剥落等の故障が出ない様にいくつもの手法を併用しました。
b0001143_23433128.jpg


今、建物やインフラ構造物ではこういった
モルタルやタイルの剥落・崩落リスクが社会問題化しています。

最近の新築建物では外壁タイルは貼りつけ材に柔軟性のある素材が使用された上に
複数の対策と全数検査が行われていますので長期的にも剥落等のリスクは抑えられると思います。

モルタルは今の新築ではほとんど外壁に塗る事はありませんが
この様なコンクリート補修工事ではどうしても必要になります。
ポリマー系の補修モルタルが使用されるのですが
そのポリマーに依存するのもリスクは残ります。
今回は浮きの補修に使われるピンニングに似た手法も取り入れながら
いくつかの対策を併用して出来る事はすべてやったと言えます。

仕事がら、数えきれないくらいの浮きや剥落の現実を目の当たりにして来ました。
新設時の施工不良を言うのは立証困難で無責任ですしタブー感もありますが
でも、それを疑わざるを得ない現場も沢山あります。

建材の世界も化学が進歩しケミカル、化学合成品が多く使用されています。
ただ、それに依存し過ぎると落とし穴もあるんです。

物理的に考えるとその対策はいくつも在るはずです。

これだけクローズアップされている問題だけに建築屋のメンツに係わります。
絶対に浮かさない!
意地です。
ニュースで北海道は吹雪だとか
来週から年末にかけて山陰での仕事が入っているので
今年は早めに冬タイヤに履き替えようかと考えています。

さて、山陰といえばこれから松葉ガニのシーズンに入ります。
もうソロソロですよ、解禁日は・・・
あっ、6日だそうです。
あと3日じゃん・・・

寒いですけどねェー 山陰の冬は
楽しみです!