<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

6寸勾配屋根の塗り替え工事中です。
急勾配屋根になりますので屋根足場が必要な角度ですが
ロープアクセスで作業をしています。

さて、安全面のお話は今回は置いておいて・・・
屋根にスラントスケールを当ててみました。
b0001143_20491955.jpg

このスラントスケールは土木用、と言いますか建築専用のってあるのかなー?
スラントスケールは主に丁張り(数センチの板を組み合わせた目印)出しに使われるからこんな目盛りのしか無いのかも知れません。

それにしても、勾配の表示方法は建築と土木で何故違うんでしょうねぇ。
もうちょっと、何とかならんかったんでしょうかねぇ? (笑)

まぁ、建築と土木だけでは無くて部位や用途が違えば表示方法は変わります。

ちなみに建築の屋根勾配と土木傾斜面の表示の違いは
建築は水平距離を1に対してどれだけ上がったか
水平1尺に対して6寸上がれば、6寸勾配と呼びます。
 (1mで60cm上がったのと同じで図面上では6/10と表示します。)
一方土木は垂直の高さ1に対してどれだけ水平に伸びているか
高さ1mに対して2m水平に距離があれば2割勾配と呼びます。
めんどくさいですねぇ~

ちなみに屋根勾配の6寸勾配は約31°
また、土木の2割勾配は約27°です。

土木でも道路の勾配は%で表示してます。
水平距離100mに対して何m上がったか
例えば道路で7%の坂道は水平100mで7m上がります。

さて、水勾配や排水管の勾配は1/100とか1/200など分数で表示します。
100cmで1cmとか2cm下りますよって意味です。

考えてみればその業種その業種で解りやすい呼び方を使っているんでしょうけど
知らない者からすれば、表示方法が様々で実に解りにくいです!
何とかならんの? って思いますけどならんでしょうねぇ。 (笑)