<   2016年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ひと月以上前の記事ですが、安全帯の規格が変わります。
日刊建設工業新聞
厚労省/高所作業安全帯フルハーネス型原則化へ/17年度にも安衛則等改正 [2016年11月8日2面]

http://www.decn.co.jp/?p=78778
今までは、単に地面に落下しなきゃ良かったのですが
ちゃんと、墜落を阻止した時の衝撃荷重に危険性がある事が解って来た様です。

数年前からほとんどの大手ゼネコンさんでは
すでにフルハーネス型安全帯の指導が始まっていましたし
私らはロープアクセスマンですからフルボディハーネスが当たり前で
特に反発とか感じませんけど
地域最大手の電気工事屋の作業員さんいわく
『あんなもん着けたら仕事にならん!』 と・・・

これはですね、その電工さんが悪い訳では無く
高所での安全に作業するための情報や基準が皆無に等しく、またそれが一部あっても安全の教育がズレとるんです。
まぁ、身体を高次元で保護してくれる技術を知らなきゃ、邪魔と考えるに至ってもしかありません。

国際規格も参考にとの事ですから、保護用具もバリエーションが増えるでしょうし、墜落防止技術の教育レベルも上がると思います。(希望的観測かなー?)
ちゃんとレクチャーしてあげればきっと目からウロコですよ!
どれだけ安全で、どれだけ作業性が向上するか・・・

国内安全帯メーカーが日本を牽引して来なくちゃいけなかったんでしょうけどねぇ。本当はねぇ!
日本の高所の安全は、国際的には完全に置いてけぼりなんです。
トーアス株式会社様のお手伝いで、斜張橋の点検に行って来ました。
b0001143_13294859.jpg


まずはボルトラダーのセットからなので
一般的な橋梁に比べロープのセットに時間が掛かります。
b0001143_1332630.jpg


今のところ、国内法では基準といえる物が皆無と言っても過言ではありませんが
IRATAのロープアクセスには国際標準ISOに準拠した細部に渡る基準があります。
b0001143_13285648.jpg


もちろん
今回の斜張橋においても万全の安全と完璧なレスキュー計画が用意されました。

そこが、全産業の中で最も安全と国際的に評価されている
                   IRATAのロープアクセスです。