高所の作業手段にロープアクセスと呼ばれる方法がありとてもメリットの大きい手法です。
ただこのロープアクセスには現在国内法では規制が無く、言うならば日本は無法地帯です。

高所での作業はとても危険でロープアクセスには高度の技術も要求されるので
国際的には先進国をはじめ50か国以上の国がIRATA(アイラタ)と呼ばれる
産業ロープアクセス団体の有資格者であることを義務付けています。
本来ならば日本もとっくにその中に入っていなければいけないのですが・・・
    IRATA → http://www.irata.org/

このAIRATAは国際的にはとても評価が高く、全産業の中で最も安全との評価もされており
国際標準のISOに唯一準じた技術を広めている世界最大のロープアクセス団体です。
また国内でも最近は発注者側からこのIRATA有資格者である事を要求される事も増えています。

ですから我々ロープアクセス技術者としても安全に運用出来る裏付けとして
このIRATA資格取得は必須と考え、約6年も掛かりましたがようやくlevel3にたどり着きました。
ちなみにlevel3は最上階級でlevel1からlevel3は最短2年です。

b0001143_18405565.png

今回の一週間ものアセスメントに来た多くの仲間との交流がありました。
ほとんどの方が自費で来ていますが、やはりそこに来る人達は自分の仕事に誇りを持ち
最善の物を提供できる出来る様いつも努力をして沢山の引き出しを持っている方々です。

正直に言いまして個人の負担としてはちょっとまだ高額でね、またそれが3年更新ですしねぇ。
本音はちょっと割に合わんかなとも思いますが、それが仕事ですしこのIRATAが楽しいんですね。
そう電卓が判断基準の方には理解出来ない我々です! (笑)

最後になりましたがIRATAを通じて多くの仲間に出会い支えられてここまで到達出来た事に感謝します。




追記
広島近辺でIRATAロープアクセスに興味のある方を対象に月1回程度の勉強会をしています。
ご興味ある方はご連絡ください。 
  (有)大森クラフト → http://www.ohmori-craft.com/

また、下記でも講習会が開催されています。
  FTGロープアクセス 神奈川県横浜市 → http://www.ftgworks.com/works/
  ロープクライミングjp 兵庫県高砂市 → http://www.ropeclimbing.jp/
これはタイルの浮き(剥離)が進行したもので“ふくれ”と呼びかなり危険な状態です。
当然、この後でふくれ部は撤去しましたが・・・
b0001143_17531833.jpg

ここだけの話ですがこの建物の外壁タイルの調査を行うと全体の45%が浮きの状態でした。
これは尋常ではない数値ですし検証の結果から施工不良との判断をさせていただきました。
もちろん、中立の立場でです。

外壁タイルの剥落防止は建物の規模用途を問わず法的に義務がありますので
建物管理者の負担は補修費用も考えればかなり重いのですが
これまで建物完成後、瑕疵担保責任10年だったのが
民法不法行為の時効をあてた最高裁判決が出て以降現在は
設計者施工者は20年間タイル剥落による危険の回避義務を負う認識に変わっています。

正直なところまだこの認識は建設業界の中でも知らない人が多いのですが
だからと言ってタイルの浮きがすべて施工不良では無く
それはほんの一部で経年劣化もあれば地震などの揺れの応力によるものも在ります。
それでも浮かないタイルの施工を目指して技術が進歩しているのも事実です。

ただ、失われた20年間と呼ばれるコスト優先だった建設業界にそのツケが回ってこない事を祈ります。
看板落下事故がありました。
時折、看板の点検依頼も来ますが
僕の個人的な感覚ですがほとんどの看板は放置状態では?

固定不足や腐食が原因との報道がありますが
僕は金属疲労も要因のひとつではないかと思います。

袖看板は風で揺さぶられますでしょ!
針金でも何度も曲げてたらちぎれるのと一緒です。

カバーされているので点検も少々大変ですがちゃんとした点検は必須ですね!
あまりにも更新をしないと死亡説は出ないでしょうけど
あいつ上手く行って無いんじゃないかと思われてもいけません。
久々に更新です。 (笑)


先日、ご縁がありましてあるマネジメントのセミナーを受講しまして
あっ、それがマネジメントなんだと目からウロコでしたし
やはりそうだったんだなと改めて考えさせられた事もありましたので
その触りを書いてみます。

リカバリーとかソリューションと言えばカッコ良いのですが
それ系の仕事であちこちの現場に行きます。
何でこうなるの? みたいな事を直す仕事なのですが
直接的な原因ではないのですけど仕事が単純に生活の糧を得る場でしかなく
コストが優先されるあまり人間性を欠いた結果だといつも感じさせられています。

たまに道楽者と思われる事もあるんですが
僕は基本的に物を作るのが好きで仕事をやっています。
確かに仕事は大原則で生活の糧を得る場ではありますが
やらされ感・疲弊感・閉塞感が積もると仕事は問題が多く発生します。
世の中、環境の悪い所を建設現場みたいと言いますが
やはりこれからの建築は現場の環境作りがとても大切です。
物理的なものもそうですがマネジメントと呼ばれる環境作りもです。

達成感・充実感を感じられる場を作る事が
安全や品質もちろん経済的にも良い結果を生む事になるのですが
ほんと、建設業界まだまだどころじゃ無くその基本的な部分が全然足りませんね。
もちろんそれは受け身になるのでは無くて自分から! が当然の鉄則なんです。
新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

仕事量は地方でも少しずつ増えていますが、事故や失敗も増えています。
専門誌でも数年前までは斬新な技術やデザインが記事になっていましたが
最近は品質上の失敗事例や労働災害急増との記事が目立つようになりました。

具体的に言えばキリが無いのですが
どれも当たり前の事を当たり前にやっていれば失敗は無かったのではと思えます。

外壁タイルの剥落等10年の瑕疵責任から20年の責任へと
等々、社会的な厳しさが増すばかり・・・

いえ、視点を変えれば決してそうでは無いはずです。

今年は当たり前の事を当たり前にやる自覚と意識がテーマの一年となりそうです。
今週は朝日系列の放送が無い山陰に出張で
残念ながらドクターXは観れてません・・・

僕もたまに使います、このセリフ。 
『私、失敗しないので。』
テレビドラマに感化されやすいというだけですが・・・ (笑)

仲間に 『私、失敗するので・・・』 と言う者がおりますが
本当は彼の方が正しいかも知れないんですねー
失敗するので対策を講ずるという意味でです。

『私、失敗しないので。』
そこを目指している人には解ると思いますが
完成度の高い仕事をするには、事前の計画が本当に大切です。
リスクアセスメントと呼ばれる予測・評価・査定・対策もその一つでして
現場でもそれが解ってはいるのですが
どちらかと言えば軽く考えられている様に受け取れる面もあります。

仕事がら、あちこちリカバリーで行きますが
行き当たりバッタリな現場って結構あるんです。
失敗しない訳が無い!


『私、失敗しないので。』
そう言い切る人が建築の現場にも増えると面白くなります。

         あぁそうそう、僕みたいにハッタリで言ってる分はダメです。
コンクリートの補修工事で外壁にモルタルを塗りました。
10㎡ほどですが最大値で約30mmもありましたので
将来的に剥落等の故障が出ない様にいくつもの手法を併用しました。
b0001143_23433128.jpg


今、建物やインフラ構造物ではこういった
モルタルやタイルの剥落・崩落リスクが社会問題化しています。

最近の新築建物では外壁タイルは貼りつけ材に柔軟性のある素材が使用された上に
複数の対策と全数検査が行われていますので長期的にも剥落等のリスクは抑えられると思います。

モルタルは今の新築ではほとんど外壁に塗る事はありませんが
この様なコンクリート補修工事ではどうしても必要になります。
ポリマー系の補修モルタルが使用されるのですが
そのポリマーに依存するのもリスクは残ります。
今回は浮きの補修に使われるピンニングに似た手法も取り入れながら
いくつかの対策を併用して出来る事はすべてやったと言えます。

仕事がら、数えきれないくらいの浮きや剥落の現実を目の当たりにして来ました。
新設時の施工不良を言うのは立証困難で無責任ですしタブー感もありますが
でも、それを疑わざるを得ない現場も沢山あります。

建材の世界も化学が進歩しケミカル、化学合成品が多く使用されています。
ただ、それに依存し過ぎると落とし穴もあるんです。

物理的に考えるとその対策はいくつも在るはずです。

これだけクローズアップされている問題だけに建築屋のメンツに係わります。
絶対に浮かさない!
意地です。
ニュースで北海道は吹雪だとか
来週から年末にかけて山陰での仕事が入っているので
今年は早めに冬タイヤに履き替えようかと考えています。

さて、山陰といえばこれから松葉ガニのシーズンに入ります。
もうソロソロですよ、解禁日は・・・
あっ、6日だそうです。
あと3日じゃん・・・

寒いですけどねェー 山陰の冬は
楽しみです!
仕事が落ち着いたらのんびりと温泉にでも・・・
と言いながらもう一年以上たちます。

長い不景気で仕事と聞けば
直ぐに飛びつく習性が身に付いてしまったのが主な原因です。 (笑)
仕事のある事には感謝ですが
忙しいのが続くと気持ちの余裕を欠いてしまいます。

私らブルーカラーワーカーですから無理して筋肉痛にもなります。
今日は背筋でしょうか、背中が痛いので先ほどからストレッチをしていますが
あまり体調が優れないと弱気にもなって来ます。

と、まとまった休みを取るために自分を納得させる理由付けをしています・・・
私の住むその地域で災害が発生し、全国ニュースで報道されています。

今日は多方面の方々よりご心配いただき、私の無事を確認するお電話をいただきました。
ありがとうございます。
気に掛けていただいている事にとても嬉しく思いました。


私は今日から出張の為、早朝に自宅を出たのですが
今思えば、ちょうど雨の一番強かった時で今回の災害が同時多発した時間帯でした。

道路はあちらこちらで川の様な状況で浸水していましたが
この様な甚大な被害が発生しているとはその時は思いもせず
時間の経過と共に入ってくる被害の情報にとても驚きました。

集中豪雨による災害は毎年のように繰り返されているだけに
今回、身近で起こったこの災害が残念ですし、悔しさも感じます。


このたびの災害でお亡くなりになられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。
また、被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。