とある大規模施設建物の新築工事現場での塗装作業風景です。
ロープアクセスのエイドクライミングと称するテクニックにて作業しています。
b0001143_13292196.jpg

当然、元受は大手ゼネコンさんです。

基本的に建設現場ではぶら下がると言う行為はご法度とされていますので
単純に足場の最下段で鉄棒の様に両手で普通にぶら下がったとしても注意を受けます。
ですからロープアクセス技術を提案しても、拒絶反応を示されて当たり前なんだとは思います。
もっともゼネコンは基本的に一般作業員で工事を進めるシステムがありますし
こう言った基本的によく解らないものは使いたがりません。

この様な場所では多くは高所作業車を手段として使いますが
それが使えない時は基本的に足場を組みます。
それでも工程や品質管理的な理由で足場が組めない時は・・・
表には出ませんが意外と曖昧な事をしているのも事実なんですね。

ちなみにこの写真は素登りと言われる表には出せない作業風景です。
b0001143_1350116.jpg

鉄骨の仕口(接合部)のボルト部分をとび職が塗装しています。
ネットクランプを足掛かりに使い登っています。
ただ、安全帯のコネクターは足元ですし
ネットクランプからコネクターはは簡単に外れますよね。
誰が見たってNGなはずですが、これが現実!

それでロープアクセスは完全にシャットアウトでもありませんでね
ロープアクセス技術の中でもIRATAと呼ばれるシステムの安全性に納得され
こうやって採用していただける現場もあります。
それだけ今の建設現場も多様化が進んでいるのだと思います。

決してコスト的なものが理由で採用されている訳ではありませんが
結果的にコスト面や工程面で有利な結果が出るのも
ロープアクセス技術ならではのメリットです。

我々ロープアクセス技術者から言わせていただくと
一般的な高所での作業においてでもIRATAのテクニックの一部を取り入れるだけでも
ずいぶんと安全性は向上すると考えるのですが、まぁ多くは食わず嫌いだと思いますネ。

もちろんIRATAロープアクセス技術者はテクニックのみならず
安全の意識や認識の高さも国際的に高評価されていることから
IRATA有資格者指定の発注者も出始めているのも事実です。
どうなってんの建築業界? って思う様な失敗が続いています。

スリーブの位置がずれていましたとか
鉄筋が足りていませんでしたとか
手順忘れて梁が割れましたとか
そんなに難しい事でも無いだろうにと思います。
それも一流の建設会社でです。
実は身近な所でも単純な事で失敗は多く発生してしているのですが・・・

当事者では無いのでこれらがそうだとは言いませんが
当たり前の事を当たり前に進められていない現実があるように感じます。

作業員レベルでは用が済んでトイレを出ても扉を閉められない人が9割以上いますが
現場管理者レベルも最近は同じ様なモンじゃないかと感じるさせられる事も多くあります。
この感覚は物作りとは全く違う次元の話では無いはずです。

コストや時間、人や物といった様々な要因はありますが
当たり前の事を当然に行う感覚というかセンス
それを教えてくれる師もほんと少なくなったと思います。
コンクリートのひび割れは宿命とも言われます。

元々のコンクリートの性質的な要因もありますし、外部的な要因もあります。
最近は研究され品質管理も厳しいので施工的な要因は少ないと思います。
b0001143_2111628.jpg

この写真のひび割れは大きい方ですが…

基本的にはひび割れそのものが直接構造体にダメージにはなりませんが
放置すると様々なダメージに発展します。

コンクリートは水・酸素・二酸化炭素で劣化して行きますので
コンクリートの中性化が進むと建物や構造物の長寿命化にマイナスの要因となり
鉄筋の腐食にも繋がりますし漏水による内装などのダメージにも発展します。

コンクリートのひび割れは宿命と書きましたが、宿命だからとあきらめているわけではなく
どうやって割れないコンクリートにしようかと一生懸命頑張っている人も沢山いますよ!
橋梁主塔の補修工事の時の写真です。

身体的には結構ハードな作業だったのですが
発注者様、元受様のお心遣いもいあり、とても思い出に残る仕事でした。

b0001143_23202890.jpg


工事に直接かかわる者、職人・作業員・監督員も含めて
我々は良い仕事、喜ばれる仕事を収めたいという思いが根本にあります。
キツイ仕事でも最後に「ありがとう!」の一言で充実した気持ちで現場を終わる事が出来ます。
その時、「俺はこの仕事が好きなんだ!」 と改めて感じます。


ところが、ここ最近の建設現場はと言えば
相変わらずのギスギスした感じが多く見受けられます。
そこには元請・専門工事業者・職人作業員の間に相手を敬う気持ちが欠けているのだと思います。

今、上手く行か無い現場がとてもたくさんあります。
表向きは人手不足が理由ですが本当はそうじゃ無い気がします。
長引く景気低迷で相手を尊重するところに蓋をして来た一面もあります。

景気は回復しているかの様にも思えますがマダマダ本当は負け組建設業界!

自分のやってる仕事が好きになれる人が増えなきゃ発展するわけ無い!
ドボジョって知ってます?
女性土木系技術者の事だそうです。

先日ニュースに出てましたSTAP細胞の小保方さんは
リケジョでしたよね!

このジョって付ける造語はさて本人に対して使って良い言葉なのでしょうかねー?
女性が専門分野で活躍されるのは良い事だと思いますが
失礼の無いように接して行かないと・・・
嫌われると恐いですから・・・ (笑)
いち愛菜ちゃんファンとして
内容に変更の加えられない
当初のままのストーリーで最後まで観たかったのですが
どうやら内容改善となるとの事だそうで…

ドラマも映画も芸術の一つだと思います。
作者の考える表現に第三者の意図が加わると
魅力に欠ける作品になるのではないでしょうかねー?

映画やドラマに限らずどんなものでもネガティブに受け止めれば
加害性を唱える事が出来るかも知れませんよね。

今回のクレームにも一理あるとは思いますが
改善前のままの内容でDVDにでもしてくれんかなーと思います。
あくまで架空の物語なんですから…
地域差はありますが建設に活気が戻って来ました。
消費税の駆け込み需要だけでも無いように思います。

人・物不足の情報が毎日のように入って来まして
特に人手不足が深刻な状況になりつつあります。

今日は現場に置く仮設トイレが無いと言ってました。
これは笑い話では無くて現実なんですね。
各種仮設品のリース会社も倉庫が随分軽くなっていると聞きます。

景気の低迷期に人も物も会社も減ってしまいましたが
東京は別として、この活気ががいつまで続くのか解らない
そこに妙なジレンマも発生しています。

東京が地方も牽引してくれれば良いのですが…
先日、ゴルゴ13の作者さいとう・たかを氏がインタビューのなかで
『あらゆる職種でプロ意識が欠けている。』と言われたのが印象に残りました。

その漫画の主人公で完璧な仕事をする
デューク東郷と比べるわけでは無いでしょうがその通りだと思います。

ですが逆に世の中の多くの場面でコスト的な理由から
そのプロとかベテランを求めていない一面もあります。

このままでは日本全体の価値が下がって行く様な気がします。
『都会の大人は飼いならされていないか?』
  そんなコピーのCMがあったような記憶がありますが、ふと思い出しました。


採算性やクレームなどのリスクを避け
誰が作っても同じ品質となる方向を目指して来た建築業界ですが

色々と思惑もあるもんでチャレンジはするんだけど
目に見えない所で問題に直面し
まごつき疲労困憊して現場は結局大赤字に…

そして、こんなに苦労を背負込むぐらいならと
繰り返しの仕事や既製品を並べるだけの大量生産の仕事に限るとなります。
30年以上建築業界におりますが何度となく見てきた光景です。

私は特殊物件やリカバリーの仕事が多いのでその様な場面に
ここ最近も何度か遭遇し改めて思います。

難しい仕事や行き詰った工事を完結さるのは結局は執念だと思います。
立ちはだかる問題を何とか捻じ伏せ完結させてやるとその思いだけでやります。

それで儲かるかって言うと、そうでも無く。
楽しいかって言うと、自分の時間が無くなって苦労ばかりです。
それじゃ、なんなんでしょ…
何故かそういう仕事ばかり来るもんで…
そういう星の下に生まれたのでしょうかね?
犠牲者が出るとメディアでクローズアップされますが
報道に乗らない繰り返される事故や潜在する危険はいくらでもあります。

今回の病院火災では防火戸が作動していなかったとの事でその原因は解りません。
でも、私達が業務で行く施設のバックヤードなどでは
一流所でさえ防火シャッターの下の物が目に付く事もあります。

専門知識があるから目に付くのですが
一般の方には気付かずに、気にも留められずそうなるのでしょうか?

同じような理由で繰り返される事故
火災に限らず、天井や外壁の崩落
建物に限らず、インフラ構造物
決して大げさでは無く、潜在するリスクは世の中にたくさんあります。

危険回避とかリスクアセスメント等と言うと難しくなるのかもしれません。
『予防』と言えば、事故に繋がらない様に何をすれば良いのか解りやすくなるのでしょうか?
過去の反省が生かされなければいけません。