耐震

木造の一戸建住宅で耐震補強をしたいとの事で行ってみました。

基礎を耐震補強したいと言われるので
これは、何処かの訪販から何か言われたのかと思ったのですが
そうではなく、風呂と玄関の土間にひび割れがあるからとのことでした。

築20数年ともなればひび割れがあっても普通ですヨ~
で、安心されたようでした。

基礎も特別大きなひび割れが入っている様でもなく
純和風の家の外観は何も不都合は見受けられず
もし大きめの地震が来たらヤバイという感じでもなく。

耐震性を向上させるのに手っ取り早いのは重たい瓦を軽い屋根材に
葺き替える方法ですが、純和風ではちょっと抵抗もあります。
たいていの方が、結局お金掛かりますのでここで止まります…

耐震補強も必要なことです。
やらないよりはやった方が良いのですが
それよりまず、地震が来た時にどう行動しどう命を守るのかを
普段からちゃんと考えておくことの方が大切です。
by takumino-prince | 2009-02-12 20:35 | リフォーム | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ohmori.exblog.jp/tb/10341566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by osaka-abc at 2009-02-13 00:38
同じような事がやはりあるんですね。きっと日本全国。
工事に行ったお宅の大半の方に聞かれます。
飛び込みや、チラシで煽る業者が、多いですな。
Commented by pegion at 2009-02-13 18:06
広島は不思議とあまり地震がありませんね。

京都にいたころ(大学時代ですが)阪神大震災があって、
地震対策の大切さを学びました。
Commented by takumino-prince at 2009-02-13 20:51
> osaka-abcさん
 現実的にはそんな業者の方が地震より怖いかも知れません。
Commented by takumino-prince at 2009-02-13 20:53
>pegionさん
 阪神淡路大震災、あれはひどかった…
 忘れないで下さい。