床にタイル

僕の実家のDKの床はタイル貼りだった。
親父が建てた家で、左官だった親父のこだわりであった・・・

当時は、床にこんな物使ってどうかいなって思っていたのだが
 ここ最近LDKなどの床に、タイルを使う家が出始めてきた。
          (残念ながら広島ではほとんど聞かないのだが…)
そろそろ、フローリングという物に飽きてきたのか
 そうでなくても、最近のインテリアタイルはなかなか良い感じだ!
b0001143_23431959.jpg

考えてみれば、タイルは焼き物だから耐久性は抜群である。
 冷たいような感じもするが、土から出来ているので蓄熱性も高い。
  ペットを屋内で飼っているお宅にはぜったいのお勧め!
   なんと言っても、硬い材料なので気を使わなくて良いのがGOOD!

床暖を仕込む事もできるし、冬は電気カーペットを敷いて
 無垢のフローリング材のように、反りを気にすることなど無い。

ただ、少々高価なので
 『左官を使うと建築費が上がる』なんて言う建築家には
  うけないだろうな…

感じ良いから、テラコッタって言うのもNGかな…
 釉薬の掛かったタイルをチョイスしないと染みだらけになるかも…

リビングの壁は珪藻土で、床にタイルを張るって言うのが
 これからはちょっとステイタスになりそうだな…


  
by takumino-prince | 2004-09-27 23:57 | リフォーム | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ohmori.exblog.jp/tb/370473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。