改良・自分流セーフティーユニフォーム

作業服のなかでも、傷付を防ぐように作られた物をセーフティーユニフォームと称します。

内装工事の時に、床やカウンター上に体を預けた時
 ボタンやファスナー類がキズの原因となるため
  それらがポケットのフラップ部分等で隠れるようになっていれば良いのですが
   普段は、ボタンを止めずに作業しているため本来の目的を達しません。
    ポケットの中身でキズ付くこともあります。

マジックテープ仕様の物をと思ってもナカナカ思うものに出会えず
 結局、気に入った作業ズボンを洋服リフォームに出して
  スナップボタンだった所をマジックテープにしてもらいました。

b0001143_23173558.jpg


今の建築業界で
 そこまで問う人には今までにお会いした事はありませんが、とても必要な事だと思えます。
by takumino-prince | 2007-10-11 00:01 | リペア・リカバリー | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ohmori.exblog.jp/tb/7560118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by osaka-abc at 2007-10-11 21:07
こんばんは。
どんなに気を付けて養生をして仕事をしていてももお客様に引き渡す前に傷がついている事もあります。一心不乱に仕事をすればするほど周辺ががおろそかになります。すべてはお客様の為ですね。よく解ります。
Commented at 2007-10-12 14:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by takumino-prince at 2007-10-12 21:23
> osaka-abcさん
 そうです! 我々は人間であって機械じゃありませんから
 何かの拍子にって事はありますよね。
 どんなに、気配りをしたつもりでも想定外の事態が起こることもあります。
 当然、どのようにリカバリーするかも技術力ですよね!
 
Commented by takumino-prince at 2007-10-12 21:24
>カギコメさん
 了解しました!
 ありがとうございました。 m(__)m