2010年 05月 07日 ( 1 )

開放廊下の手すりだったので定期点検で発見され補修する事になった
タイルのクラック、剥離まではしていませんが部分的に数箇所貼替えをしました。
残念ながらすぐ右横の誘発目地に上手くクラックが走ってくれなかったようです。
b0001143_21232027.jpg

この位置なら中から作業も出来そうですが、ハツリ取るタイルの飛散落下防止を考え
外からの作業となりました。ここの目地入れとシールは中からしましたが・・・

タイルの貼付けは弾性タイル用ボンドを使用。
変性シリコンに骨材が混入されたものですが、これは少々やっかいです。
ちょっとはみ出しても溶剤でないとふき取れませんからネ。
クラックの発生した部位に貼るのであれば当然のチョイスなんだけど
最近、建材落下等々の理由で多用され始めていますが職人泣かせの材料です。
b0001143_22224.jpg

そう言えば、今回新しいアサップを使用したのですが
ジャミングローラーの回転が少し重たくなったようです。自重で落ちて来ません。
作業前のテストでもロックされたのをリセットするのも、ローラーを少し指で押さえながら
でないとローラーとロープが滑ってリセット出来なかった。 改良されたのかな?

さて、ここ最近ちょっとマイブームになっています土牛産業のカメ棒。
ちょっとフレーミングが難しいのですが伸縮する棒の先にカメラを付けて
セルフタイマーで撮影します。
落下防止コードも付いてるし、ナカナカの便利グッズと思われ色々と試しています。
そのトレーニングついでに記念撮影してみました!
b0001143_22224440.jpg