<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

先週はある体育館の屋根上で雨漏りの修繕をしていました。
ステンレス葺きの屋根は空からと下からの両面焼きで・・・

今週は屋根の下なので涼しくて楽勝!  のつもりだったのですが
スレート葺き木毛板の屋根裏は熱気でムンムンでございます・・・

b0001143_2233181.jpg

一年ほど前に製作したクライミングジムCEROさんでウォールの増設工事中です。

今回は屋根勾配に平行に作るルーフになります。
5・14クラスのルートが設定されるらしいです!

このクライミングルートの難易度を解りやすく簡単に説明しますと
私らみたいなレジャークラスが行くのが 5・10 ぐらいで
競技でやってる選手のトップクラスが 5・14 クラスです。


    完成しましたら、ダイエットしてから挑戦してみたいと思います。
先日ある20名ほどの会合に、中国電力の副社長がわざわざ来られ原発についてお話をされました。

一時間ほどのお話でしたが、原子力発電の概要や
福島第一原発問題以降の原子力発電所の津波・地震対策状況など
とても解りやすい内容でした。

風当たりの強い原子力発電所の再稼働に関して、少しでも理解をとの事だと思います。


津波や地震に対してはこれでもかと言うぐらいの内容で対策がほぼ完了し
これなら大規模な津波でも大丈夫だとは思いました。
ですが想定外と云う言葉を使うなら、たとえば某国がミサイルを打込んで来たらどうなるのでしょう?

ありえない?   そうかな~?


今でもですし、これからも物凄く長い期間そうなると思います。
大手建設会社からも交代で、福島第一原発の後片づけに行っています!
使命とはいえ、そこに行かされるのは 『40歳以上でもう子供を作らない者』 
                        (なんと言う選考基準なんでしょう…)

建築業界的には電力会社に世話になっていますので否定的態度を取る者はあまりいませんが
うちはとくに恩恵を受けている訳では無いのでヨイショする理由も無く
かと言って斜に構える必要もありません。
でも、原発は無くて済むなら無くて良いとは思います。

ただ、原発がこのまま再稼働されなければ節電義務や料金値上げは
皆が負担するようになるでしょうし、深夜電力なんて言葉も無くなるでしょうね。

まァ、それはそれとして決まれば受け入れるだけですが・・・
マンションのエンドユーザーからのクレームで
『敷居に傷が付いたが素材が柔らか過ぎるのではないか?』 との事で
何か硬くする方法は無いかと、ある建設会社の担当者から相談が来まして・・・

クリアー系の塗装で表面硬度を上げる事は出来るのですが
けっこうスリキズ等に対しては強くなりますが、素材そのものが硬くなる訳ではありません。

ほんと最近のマンション建築は色々なクレームに苦慮されているのだと思いますが
基本的にいくら素材が普及品であろうとも必要十分な硬さはありますしね
だいたい敷居は踏むものでは無いって子供の時から教わっていませんか?
親の顔を踏ん付けるのと一緒だってね!
 (これは物を大切にするのと、自分の立居振舞を意識させる教育だったのです。)

そのエンドユーザーさんもクレーマーではなさそうなので
きっとご納得いただいたと思いますが・・・
そのうちマンションの敷居は全部ステンレス製になるかも知れませんねェ。
それでもクレームは出て来ると思いますが・・・ (笑)


一方、挑戦的建築技術を結集して建造されたスカイツリー施工の記事で
『需要の少ない技術を磨き続けたから実現できた』 とのコメントがありました。
体力のあるスーパーゼネコンだからそんなことが言えるってのもあるんだと思いますが


どちらも大変な仕事なんだけど、きっと建築業界も二極化が進んでいるんだと感じました!
ここ何日か、ある施設で雨漏りの修繕をしています。

そこの屋上でたまたま見つけたセグロセキレイの巣を撮影してみました。
  (図鑑で調べてたぶん間違ってないと思いますが違ってたら教えてください。)

雛鳥は7羽居りまして、巣立ちもそんなに先ではなさそうです。
エサをもらう順番はローテーションになってるみたいですし
エサを食べた雛はウンコしてそれを親鳥がくわえてどこかに持って行きます。

巣を覗き込んで見ると意外と綺麗なんですよ!
親鳥が捨てに行ってんだ・・・
ツバメみたいに巣から投下するのもいれば、鳥によって色々なんだね~ (笑)



動画は4分ちょっとです。 その間に親鳥が2回エサを運んで来ます。
師匠は最低でも月に2本は映画を観に行くんだそうですが
いや~ コンスタントに月2本はナカナカ行けてません。

師匠と話していますとね、観る映画の本数が
その人の心のゆとりの評価基準みたいな気がするんですけどね・・・ (汗)


今回は 『幸せの教室』 を観て来ました。

トム・ハンクスは真直ぐな役が多いですが
でも、きっと生きる力ってそんなシンプルなもんだよなって思えてきます。

ジュリア・ロバーツは 『あら~ けっこうおばさんになったかな?』 って・・・
イエイエ、 でもとても綺麗だし魅力は増したかも・・・
もっとスクリーンに出て来てほしいです。

ポップコーンでお腹一杯になってしまう映画鑑賞ですが
次は 『メン・イン・ブラック3』 を観ようと考えています。
7名もの方がなくなられるホテル火災が発生しました。
報道では窓がベニヤ板で覆われ、排煙や避難の妨げになった疑いがあるとの事。

ただ、これはどこかの遠いところでのお話でもなく
ごく一般的な戸建て住宅でも同じ状況になる可能性があります。

火災時における雨戸は非難の妨げになる危険性があると指摘もされています。
引き戸式ならまだしも、電動シャッターだったらどうでしょう?
防犯性や強風時にはとても心強いのですが、逆に潜む危険もあります。

火災だけではなく地震などの災害もあります。
何か災害が報じられる時、それはどこか他所のお話ではなく
いつかは我が身の事かも知れませんね。

知識は身を救います。
その時自分はどうするか? 時々でも考えてみなければいけませんね。