<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

YouTubeで「打診棒の種類と使い方」と題して基本的な使い方がアップされていました。



最近は打診棒のバリエーションが増えて、環境や目的に応じて選択出来る様になりました。

まぁ、伸縮式の打診棒が多く選ばれるのではないかと思いますが
動画中の解説にもある様に「伸縮式の打診棒は、基本的に叩かない方が良い!」

でもね、位置や枚数を特定するにはどうしても叩かない訳にはいきませんわね。
打診棒のジョイント部分が、甘くなり易いからなんですけど
タイルによっては、わずか1日で偏摩耗することも有りますし
いずれにしても、長持ちする道具ではありません!

僕は、道具ってのは長く愛着を持って使いたいンですけどね
この打診棒という道具は消耗品と言いますか
調査をする上での副資材として理解しておかないと
調子が悪くなる度にショックを受けますからねェ・・・


ちなみに、このYouTubeにタイル打診の動画が多数アップされていますが
「オヤオヤ?」って思える物もいくつか在ります。
タイル打診調査って、実は簡単そうに見えても難しい事は沢山あるんですヨ!
あまり表には出ないけど、建設工事の中でいたる所に付着力て言葉があります。
けっして、プライマー塗っちゃえば大丈夫ってものでは無い事ぐらい
みんな知ってるはずなんですが・・・

塗装もタイルもシーリングも、高価なポリマーモルタルで断面修復するにしても
その付着にどれだけの対策を施したかで耐久性は全然違ってきます。

車にステッカー貼ろうかって時にアルコールやパーツクリーナーで
まず拭いとこうかって普通は考えるでしょ、それと一緒ですね。

色んな建物に補修や改修で行きますから新築の時の事が伺い知れるんですね
劣化や損傷の状況から、その時の職人や元請け業者の考え方や意識ってところです。

あまり大げさに悪く書くと業界のメンツに関わるので程々にしておきますが (笑)
建設業界誌とか読んでますとね、その付着力や接着力に尽力されている姿もありますし
そういった所に神経を使う職人もまだまだ居ます。

目に見えない所にも、ちゃんと手を入れる意識や姿とそのセンスは学び続けたいと思います。