<   2018年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ロープアクセスは世間一般の方々から見ると、やはり命がけの仕事として見られていますねぇ。
見た目にとってもデンジャラスですからね、そりゃそうだ。(笑)

生活に困窮している訳でも無いので仕事に命まではかけませんよ。
仕事は命がけで! とも言われますがそれは別の意味!

ロープアクセスが危険なのでは無く、高所すべてが危険な場所なのであって墜落すれば死亡災害に直結します。
だから高所ではその墜落リスクに対策が必要な場所であって、さらにロープアクセスでの現場によっては何らかの理由で動けなくなった同僚のレスキュースキルも必要になり、様々な危険因子にリスクアセスメントとその対策が成されて許可される作業手段のロープアクセスです。
ちなみに、たとえば大きな橋梁の真裏の様な現場では消防のレスキュー隊は助けには来れません。 ハイパーレスキューでも無理だと思います。
グリンプデイにエントリーされているような消防隊員の方々なら安全にレスキューを完結出来ますが、日本国内では一握りの方々です。

ロープアクセスも含めてですが、高所では墜落に至らない対策が必要な場所です。
大手建設会社さんなどでは、まず墜落の恐れのある場所に入ってはいけないと言う大原則がありますが、それでは仕事にならんので色々な基準があり、その基準を守らないから事故が起こります。
また、社内基準などの想定外の場合は対応しきれない場面もあって、一般入手できる器具や情報では作業を組立てられなく残存リスクを承知しながらもやっちゃう事は、建設業界では多々あります。

ちなみに、日本では高所作業の基準が変わろうとしています。
たとえば、既存の胴巻きの安全帯は使用出来なくなります。
    参考記事 http://www.decn.co.jp/?p=97972


さてよく在りがちな作業ですが、残存リスクを認識しつつもやっちゃうになりがちな作業を先日行って来ましたので紹介します。
もちろん、突っ込み所の無い様にやってますヨ!
b0001143_12121149.jpg
ポストアンドビームのログハウス風の大きなお屋敷の軒裏棟部分にあるスズメバチの巣を撤去して来ました。
高さは10m超
普通の場合でしたら、二連梯子下で介添えをしてノーランヤードで作業してると思いますが大きなリスクを背負った作業になります。

b0001143_12110600.jpg
梯子は上部を固定しなければいけません。
この場合は固定出来ませんし固定するなら梯子を登ってから固定する様になりますので、予めロープをセットしてから梯子を立てて、トラ綱(控えロープ)を張ります。
もちろん足元もロープで固定し、転倒を防止します。
そしてこれも予めセットしておいたバックアップロープで昇降し、作業時は調整式ランヤード(グリヨン)でワークポジショニングします。
また、アルミ製梯子は短墜落時の衝撃荷重に対する強度は無いと思われますので、それぞれのロープは荷重分散をしてロープは弛ませない様に作業します。
(よく梯子に安全ブロックを予めセットして立てかける絵を見ますが、アルミ製梯子の場合は短墜落した時の衝撃荷重に耐えられるか問題はあると思います。)

一応移動梯子は作業手段では無く通路ですが、作業を容認できるレベルに墜落リスクを軽減して作業を行ったと考えておりますがいかがでしょうか?