<   2019年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ただロープアクセスが出来るからと言って、普段はガラス清掃をやっているのに「タイル打診は任せてください!」なんてちょっと変だと思いませんか?

ちなみに日本建築学会の指針には、こう書かれています。
診断のレベルと診断する行為者に求められる関係は
  1次診断 一般的な建築技術者
  2次診断 専門技術者
  3次診断 高度な専門技術者

しかしですね、建築物の劣化調査や診断を行う者の資格について日本では法的に定められていないのが実状であり、国交省も建設キャリアアップシステムなんて推し進めているのに、技術者の権限が守られずザルの状態が発生しています。

私もロープアクセスマンでタイル打診やりますってやつには、最低でもBELCAの建築仕上診断技術者を取得する様に勧めるのですが、ほぼ取りに行かないですねぇー
彼らの取引先である調査会社やコンサルタント会社では、その様なスキルなどは全く要求されないそうです。

逆にゼネコンではコンプライアンスやCSRの観点からだけでは無く、タイル打診に限って言えば国家資格のある技術者にプラス、最低でも公的資格者や経験のあるタイル技能者が混ざる形で行うのが当たり前だと考えていますので、ただロープアクセスが出来るだけの者にタイル打診をやらせる事はまずありません。

これだけまじめな物作りが問われている時代なのですから、実は素人工がやってましたでは寂しいですね。
倫理の問題だと思います。

ちょっと気になる事件があったので書いてみました。

b0001143_16444147.jpg

今日は枝下ろしです

昭和の前半くらいまでは、すぐ裏山の木を切って燃料にしていました。 風呂や竈(くど・かまど)に。
その燃料がガスや電力にとって代わり、生活の中から忘れ去られたすぐ裏山の木々は巨大化し、リスクをはらんだ厄介物に成りつつあるのです。

そんなに数はありませんが危険木の倒伐もやっています。
IRATAのロープアクセスをきっちり学べばそんなに難しい仕事ではありませんが、チェンソーの特別教育を含めて関係する知識・技術を含めてそれなりの技量が必要となります。
この仕事はコンプライアンス的には、伐木等の業務・ロープ高所作業・フルハーネス墜落制止用器具
以上3つの特別教育は最低受けていなければいけません。
さらに、クレーンで吊り切りする場合は玉掛の技能講習も必要になります。

この様に複数の特別教育・技能講習が要求されるという事は、それだけリスクが多く存在するという事です。
建設に限らず様々な業種においてまじめな物作りが問われるのと同様、まじめに業務を遂行する意識がとても大切な仕事だと思います。


b0001143_14015991.jpg


今日はステンレス葺き屋根の上

暑いぞ!

b0001143_14083975.jpg