ロープアクセスで木登り_b0001143_21124660.jpg
今日は定点観察用ハイクカムのメンテナンスで木登り

ロープアクセスしてるとホント色々な面白い業務に関われるンです。

ロープアクセスに興味ある人にはドンドン教えます。
ロープアクセスはあくまで作業手段ですから、塗装とかシーリングとか諸々の技能をお持ちの方々が覚えると同業者と差別化出来る技術だと思います。

高所に取付けられている換気扇清掃
そのビフォアアフター

基本的に国内法上では足場組が必要となる作業なので、コスト的に多くが放置されているのではないかと思います。
簡単にメンテナンス出来ないのは問題だとも思いますけどねぇ。
特に今のコロナ禍では…

換気扇本体を外すとウェザーカバーの防虫ネットには埃が詰まり、ほぼ排気出来て無かったと考えられます。

換気扇にシャッターが付いているのだから防虫ネットは不要とも考えられますが、設計の意図は解りません。
とりあえず防虫ネットは外す事を提案しておきましたけど…

オフィスや一般家庭でもパイプファンや天井換気扇に埃が溜まって換気効率はかなり落ちていますので、換気を推奨されるコロナ禍でもありますし一度掃除されると良いと思います。
高所取付型換気扇の清掃_b0001143_20083722.jpg

昨年夏から半年間、携わって来た任務がようやく完了しました。
暑かったのと寒かった印象が強く残っています。(笑)
雨もまぁまぁ多かったです。
皆、そんな中をよく頑張ってくれましたので、おかげ様だと思っています。

私がロープアクセスを始めた15年ほど前は、ナカナカ何処も見向きもして貰えなかったのですが、今は随分と認知されて来たと思います。
だからと言ってドンドン採用される作業手段かと言えばそうでもありません。

ロープアクセスが有効な作業手段であっても、今はまだ本来の作業目的の技術的な信用度が低いのが現実です。

だから本来の目的技術を持った人がロープアクセスを修得されるのが良いのですが、きちんとした技術を持った人は忙しいくらいに仕事があるので、ワザワザあんなデンジャラスな事をしやしません!
空前の人手不足の時代でもありますし、まだまだ課題はたくさんあります。

結局はですね、多様性を求められる業務なのでやる気のあるロープアクセスマンは色んな事を勉強しなきゃいけません。
基本的に、もの作りが好きな人が向いているンです!
ロープアクセスマンは常に勉強熱心でないと!_b0001143_19531741.jpg

ベントキャップからの漏水修繕をしています。

コンクリート躯体のスリーブ穴を外側に少し勾配付けておけば雨水の侵入を防げるンですけどね!
駆体工事ではナカナカ絵に描いた様に行かないところもありますし、隣接建物が近いと防火ダンパーが入っていますからその重みでダクトが内側に傾いて逆勾配になったりがこのベントキャップからの雨漏りの主な理由です。

シーリングだけでは完璧な雨仕舞や止水は出来ません。
本来は物理的機械的な作り方をしてシールが切れてもそう簡単に雨漏りしない様にしてないといけないのです。
ベントキャップからの雨漏り_b0001143_20004186.jpg

# by takumino-prince | 2021-01-15 19:59
特殊伐採した支障木を破砕してます!
3〜4㌢以上は薪に出してそれより細い枝は破砕します。

小さなチッパーですが、ヤルとこれナカナカ楽しい作業です。
シュレッダーが楽しいと思う人には向いているかも…(笑)

ちなみに建物や構造物に支障となる樹木の伐採は、伐採工事と呼ばれ建設の業務に含まれます。

さて、まぁまぁ筋肉痛! (笑)
特伐、その後で!  空師堂広島支部_b0001143_20175892.jpg

# by takumino-prince | 2020-11-29 20:17 | ツリーワーク