建設現場の高さ2メートル以上の場所で作業員が着用する安全帯について
   胴体部全体を支持するフルハーネス型を原則化
フルハーネス型の着用に関する留意点について
   安衛則36条に基づく特別教育を実施するよう義務付け
2017年1月16日 厚生労働省

ちなみに、一般的な胴ベルト型の安全帯は無くなるとの情報もあります。

フルハーネス型なんか着けてちゃ仕事になん無いよ! って方も居ると思いますが
ランヤードのコネクター接続してても落ち方によっては20kNを超える衝撃荷重が掛かります。
どうなると思います?
容易に想像つきますよね。

まぁ、20kNも掛かっちゃフルハーネス型の安全帯でも人体は相当なダメージを受けると思われます。
だから、ランヤードのコネクターをどう接続するかをちゃんとレクチャーしなきゃいけないンですね。
藤井電工さんのHPに『1本つり専用/ハーネス型安全帯の取扱い』のページがありましたのでリンク貼っておきます。
https://www.fujii-denko.co.jp/anzentai/harness/


参考までに、墜落時衝撃荷重の規格値は
EN   6kN
アメリカ  8kN
日本   8kN 
ショックアブソーバー付ランヤードも必須ですねェ。






ひと月以上前の記事ですが、安全帯の規格が変わります。
日刊建設工業新聞
厚労省/高所作業安全帯フルハーネス型原則化へ/17年度にも安衛則等改正 [2016年11月8日2面]

http://www.decn.co.jp/?p=78778
今までは、単に地面に落下しなきゃ良かったのですが
ちゃんと、墜落を阻止した時の衝撃荷重に危険性がある事が解って来た様です。

数年前からほとんどの大手ゼネコンさんでは
すでにフルハーネス型安全帯の指導が始まっていましたし
私らはロープアクセスマンですからフルボディハーネスが当たり前で
特に反発とか感じませんけど
地域最大手の電気工事屋の作業員さんいわく
『あんなもん着けたら仕事にならん!』 と・・・

これはですね、その電工さんが悪い訳では無く
高所での安全に作業するための情報や基準が皆無に等しく、またそれが一部あっても安全の教育がズレとるんです。
まぁ、身体を高次元で保護してくれる技術を知らなきゃ、邪魔と考えるに至ってもしかありません。

国際規格も参考にとの事ですから、保護用具もバリエーションが増えるでしょうし、墜落防止技術の教育レベルも上がると思います。(希望的観測かなー?)
ちゃんとレクチャーしてあげればきっと目からウロコですよ!
どれだけ安全で、どれだけ作業性が向上するか・・・

国内安全帯メーカーが日本を牽引して来なくちゃいけなかったんでしょうけどねぇ。本当はねぇ!
日本の高所の安全は、国際的には完全に置いてけぼりなんです。
トーアス株式会社様のお手伝いで、斜張橋の点検に行って来ました。
b0001143_13294859.jpg


まずはボルトラダーのセットからなので
一般的な橋梁に比べロープのセットに時間が掛かります。
b0001143_1332630.jpg


今のところ、国内法では基準といえる物が皆無と言っても過言ではありませんが
IRATAのロープアクセスには国際標準ISOに準拠した細部に渡る基準があります。
b0001143_13285648.jpg


もちろん
今回の斜張橋においても万全の安全と完璧なレスキュー計画が用意されました。

そこが、全産業の中で最も安全と国際的に評価されている
                   IRATAのロープアクセスです。
ロープアクセスの仕事をしていますので、屋根上作業の墜落防止について質問を受ける事があります。

でも、実際は何の対策も無しでの作業って結構多い様ですねぇ。
よく屋根や板金屋さんが落ちたって聞きますし…

ご存知ですか?
厚労省のホームページからダウンロードできる資料です。
『足場の設置が困難な屋根上作業での 墜落防止対策のポイント』
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/140805-1.pdf

この資料の中に出てるシステムでフルハーネス型の安全帯を使用すると
おおよそ20~40万円くらいしますが
安全設備って仮設ですから後に残る仕事では無いし、ケチっちゃう工務店って多いんですかね?

いくら木造2階建でも、高所の作業は死に直結する場所ですし
いま時は、もし災害が発生すれは事業主責任が厳しく問われる時代でもあります。

多様な現場で、それぞれ墜落を防止する措置は色々と引き出しを持っておく必要がありますね!
一般の方々からするとそうですよねェ。

当然、危険な仕事に見えます。
b0001143_13151876.jpg

一応、国際標準のISO22846に基くシステムのロープアクセスで作業しており
国際的には全産業の中で最も安全と言われるIRATAのロープアクセススタイルです。

似た作業スタイルに窓清掃などのブランコ作業や建設で言えばのり面作業は
労働災害が多発しているので、「何とかせえや!」という事で国内法が今年出来ました。



時々、こう言われます。
 『命がけの仕事ですね!』
その時は、こう返します。
 『いえいえ、命はかけていません!  生活がかかってるだけです!』 (笑)
すると昨日はこう帰ってきました。
 『座布団一枚!』 (笑)

う~ン、たったの一枚ですか・・・
中央労働災害防止協会さんで開催されました
第1回 『ロープ高所作業特別教育インストラクター講座』
を受講して来ました。
b0001143_23401759.jpg


正直言わせてもらいまして、突っ込みどころ満載のロープ高所作業厚労省令・・・
      まぁ、昨年まではアンダーグラウンドでされて来たのが
      今年から法で認められたばかりなんですからそんなもんなんでしょうけど・・・
でも、きっと真面な方向に進んで行くんだろうなと考えています。


今回は第1回とあってか、研修教習機関の講師をされている方が多かった様に思います。
流石に普段は講師されていると素晴らしいですねぇ。
シャープな方ばかりで、とても良い刺激を頂いて来ました。

b0001143_23594520.jpg


今後も、災害とは無縁と言える産業に育てていきたいと思います。
6寸勾配屋根の塗り替え工事中です。
急勾配屋根になりますので屋根足場が必要な角度ですが
ロープアクセスで作業をしています。

さて、安全面のお話は今回は置いておいて・・・
屋根にスラントスケールを当ててみました。
b0001143_20491955.jpg

このスラントスケールは土木用、と言いますか建築専用のってあるのかなー?
スラントスケールは主に丁張り(数センチの板を組み合わせた目印)出しに使われるからこんな目盛りのしか無いのかも知れません。

それにしても、勾配の表示方法は建築と土木で何故違うんでしょうねぇ。
もうちょっと、何とかならんかったんでしょうかねぇ? (笑)

まぁ、建築と土木だけでは無くて部位や用途が違えば表示方法は変わります。

ちなみに建築の屋根勾配と土木傾斜面の表示の違いは
建築は水平距離を1に対してどれだけ上がったか
水平1尺に対して6寸上がれば、6寸勾配と呼びます。
 (1mで60cm上がったのと同じで図面上では6/10と表示します。)
一方土木は垂直の高さ1に対してどれだけ水平に伸びているか
高さ1mに対して2m水平に距離があれば2割勾配と呼びます。
めんどくさいですねぇ~

ちなみに屋根勾配の6寸勾配は約31°
また、土木の2割勾配は約27°です。

土木でも道路の勾配は%で表示してます。
水平距離100mに対して何m上がったか
例えば道路で7%の坂道は水平100mで7m上がります。

さて、水勾配や排水管の勾配は1/100とか1/200など分数で表示します。
100cmで1cmとか2cm下りますよって意味です。

考えてみればその業種その業種で解りやすい呼び方を使っているんでしょうけど
知らない者からすれば、表示方法が様々で実に解りにくいです!
何とかならんの? って思いますけどならんでしょうねぇ。 (笑)
明日は、「あと施工アンカー」の試験なので今日は勉強しています。
まぁ、2種なので「何を今さら」みたいではありますが・・・

以前から取得は考えてはいたのですが
アンカー施工の専門業者でもないし
民間資格なので特に必要を迫られる訳でも無いので先延ばしになっていましたが
ようやく今年はその気になっております。 (笑)

私は特に資格マニアではありませんが
自分で必要と思う資格を、年に一つか二つ取得する様にしています。

「その資格、銭になるんっすか?」 と聞かれる事もあります。
確かに、日本は技術のある人と無い人の収入の差があまり無い国です。

だからと言って、銭に成るか成らないかって考えて資格は取りませんわねぇ!
業務で関わる物は取得しとかんとなって、まぁそれが普通だと思っています。

建築は複合の仕事です。
だから色々な資格も必要になって来ます。
当然、コンプライアンスだけでなくCSR上でこの様な民間資格の有無を問われる事もあります。
まぁ、スキルの一つですから取得しておかないと土俵に乗せてもらえませんからね。

ちなみに、この「第2種あと施工アンカー施工士」は中卒15歳以上で受験資格があります。

    一般社団法人 日本建築あと施工アンカー協会 
       http://www.anchor-jcaa.or.jp/license/shikaku/

YouTubeで「打診棒の種類と使い方」と題して基本的な使い方がアップされていました。



最近は打診棒のバリエーションが増えて、環境や目的に応じて選択出来る様になりました。

まぁ、伸縮式の打診棒が多く選ばれるのではないかと思いますが
動画中の解説にもある様に「伸縮式の打診棒は、基本的に叩かない方が良い!」

でもね、位置や枚数を特定するにはどうしても叩かない訳にはいきませんわね。
打診棒のジョイント部分が、甘くなり易いからなんですけど
タイルによっては、わずか1日で偏摩耗することも有りますし
いずれにしても、長持ちする道具ではありません!

僕は、道具ってのは長く愛着を持って使いたいンですけどね
この打診棒という道具は消耗品と言いますか
調査をする上での副資材として理解しておかないと
調子が悪くなる度にショックを受けますからねェ・・・


ちなみに、このYouTubeにタイル打診の動画が多数アップされていますが
「オヤオヤ?」って思える物もいくつか在ります。
タイル打診調査って、実は簡単そうに見えても難しい事は沢山あるんですヨ!
あまり表には出ないけど、建設工事の中でいたる所に付着力て言葉があります。
けっして、プライマー塗っちゃえば大丈夫ってものでは無い事ぐらい
みんな知ってるはずなんですが・・・

塗装もタイルもシーリングも、高価なポリマーモルタルで断面修復するにしても
その付着にどれだけの対策を施したかで耐久性は全然違ってきます。

車にステッカー貼ろうかって時にアルコールやパーツクリーナーで
まず拭いとこうかって普通は考えるでしょ、それと一緒ですね。

色んな建物に補修や改修で行きますから新築の時の事が伺い知れるんですね
劣化や損傷の状況から、その時の職人や元請け業者の考え方や意識ってところです。

あまり大げさに悪く書くと業界のメンツに関わるので程々にしておきますが (笑)
建設業界誌とか読んでますとね、その付着力や接着力に尽力されている姿もありますし
そういった所に神経を使う職人もまだまだ居ます。

目に見えない所にも、ちゃんと手を入れる意識や姿とそのセンスは学び続けたいと思います。